akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

2017年関東で1番うまい豆腐はこれだ!全国豆腐品評会・関東地区予選結果発表

2015年から今年で第3回目となる全国豆腐品評会。全国豆腐連合会(通称・全豆連)その地区予選が6月25日の中国・四国を皮切りに全国で開催されている。
7月2日、都内某所のホテルで関東地区予選が開催されることになり、何を隠そう豆腐マイスターである自分も予選の手伝いに行ってきた。


豆腐品評会は、木綿・絹こし・寄せ・充填の4つの部門にわかれ、各地のお豆腐屋さんが自分の店の自信作をエントリーする。審査項目は味・見た目・香り・食感の4項目で10点満点でチェックをおこない、その点の多かった順に金賞・銀賞・銅賞が選ばれる。
審査は平等を期すため、審査員が入る前に各地から届いたお豆腐をチェックし、パッケージからきれいにだして皿にならべられる。すべて名前はふせられた状態だ。


豆腐関連はもちろん、料理や食材などに関するさまざまな専門家計20名が審査員として選ばれ、審査ボードを手に1つ1つスプーンで手元の試食皿にすくって審査をしていく。


そうして関東近郊から全134個59社からもの豆腐がエントリーされ、各部門で全国大会へ進出を決めたのは.......

全国豆腐品評会 関東地区予選結果

※エントリー総数によって全国大会へ進出する数が4〜5位まで含まれる場合もあり

木綿豆腐部門

Untitled

金賞 霧里もめん:(有)とうふ工房わたなべ
銀賞 菜の花とうふ 木綿:豊産商事(株)
銅賞 白兎堂 もめん:岡豆腐店(株)
4位 木綿:豆吉

絹こし豆腐部門

金賞 特選絹ごし:(株)とうふ工房ゆう
銀賞 絹豆腐:手づくり豆腐まんてん
銅賞 霜里絹:(有)とうふ工房わたなべ
4位 白兎堂 きぬ:岡豆腐店(株)
5位 菜の花とうふ 絹:豊産商事(株)

寄せ豆腐部門

金賞 有機栽培大豆の寄せ豆腐:大豆の館(株)
銀賞 特選よせとうふ:(株)とうふ工房ゆう
銅賞 忠兵衛 おぼろとうふ:豆富司みしまや
4位 ぴっかりよせ豆腐:(株)三代目清水屋
5位 みつよしのざる豆腐:(有)三善豆腐工房

充填豆腐部門

Untitled

金賞 北の大豆 絹 3コパック:太子食品工業(株)
銀賞 極濃おぼろ:(株)アサヒコ
銅賞 国産大豆なめらかとうふ:さとの雪食品(株)

関東大会限定特別賞・輸入大豆豆腐賞

特別賞 森永絹ごし豆腐:森永乳業(株)

※この賞は全国大会にはいけないが、輸入大豆を使用している豆腐のなかでもっとも得点の高かった豆腐におくられた。



個人的には豆吉さんの木綿が今回の豆腐のなかで1番のヒットだった。おいしいお豆腐によくある甘みをおしすぎてるわけでもなく、食感もとろみが強すぎるわけではなく、絶妙なバランス感で「自分が食べたかったのはこれだ!」といえる豆腐だった。場所が横浜市ということでそのうち店舗にもお伺いしてみたい。

mamekichi-tofu.com


木綿、絹ともに賞にはいっている菜の花どうふは実は寄せ部門でも7位入賞している。第1回では全国金賞、第2回も入賞、第3回も全体的なレベルがあがってきているなかで、それでも表彰されまた入賞に入っているのは本当にすごい。今回の全国大会の結果もまた楽しみだ。

nanohanatofu.com


またあわせて木綿、絹ともに賞にはいっているとうふ工房ゆうは、今回手伝いにきていた豆腐マイスターのなかで「これはおいしい」と評判で結果にも納得がいきすぎた。

株式会社 とうふ工房ゆう – 厳選された国産大豆・にがりを使用して、こだわりの豆腐を造っています。



豆腐は生モノなこともあり、お取り寄せに対応できない品物も少なからずあるし、またお取り寄せは一括セット販売のみなところがほとんどだ。ただ今回は関東地区予選ということもあり、比較的行きやすい距離感のところばかりなのでゆるゆると巡っていってみたい。

35667476675_ff767b1826_o



全国地区の結果はこちらでチェック

akuyan.to


tofoodof.com