akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

アメリカ国内へ行くのにミネアポリスでのトランジットが便利

海外旅行を自分で手配するとき、フライト代を少しでも安くおさえようとすると避けて通れないのは乗り継ぎだ。
国を超える場合には一度預け入れ荷物を受け取って入国手続きをする必要もあるため、まぁ面倒くさいといえばその通りだが自分の場合はなるべくその乗り継ぎ時間を有効活用するようにしている。乗り継ぎでもないといかない場所にいけるのが楽しくもあるからだ。


活用方法は目指す場所により様々だが、先日ラスベガスを目指し羽田空港から飛び立つにあたり、アメリカ・ミネアポリスで乗り換えをすることにした。行くまで知らなかったが、現在ミネアポリスはデルタ空港で日本からアメリカ国内への乗り継ぎスポットとしてよく利用されている場所で、入国手続きが専用端末によってかんたんに行えるうえ、乗り継ぎ場所への移動もいたって簡単とあって人気も高いようだ。また端末は日本語での操作にも対応していたり、日本語による案内板があったりと日本人にやさしい。


ミネアポリス、という場所にこれまで興味をもったこともなければ「そんな場所あったっけ」くらいのものだったが、せっかく立ち寄るからにはちょっと空港周辺くらい探検して見てまわりたいと思い、乗り継ぎ時間を長めに8時間ほどとることにした。ミネアポリスからは頻繁に各アメリカ都市に国内便が出ているため、短いものだと1時間〜3時間くらいでの乗り継ぎも可能だ。しかし便利だからといって乗り継ぎ1時間はまったくおすすめしないので、最低でも3時間は乗り継ぎ時間があるフライトを選ぼう。今回は探検ついでにアメリカ国内で使えるSIMカードを入手しようという目論見もあり長めにとった。


SIMカードを求めて搭乗ロビーから空港の外へ


ミネアポリスの空港内には残念ながらSIMカードを売っている場所がない。まじでない。とりあえず空港内でスタッフに聞きまくったが「見たことない」しか言われなかった。あとは街にいけ、と。まぁ空港にないのならばそうするしかない。
ちょうど空港から電車で2駅の場所に、めちゃめちゃ大型のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ」という場所があるのを事前にチェックしていた。その中にはT-Mobileというアメリカキャリアのお店があるので、そこに行けばトラベラーズSIMくらい売ってるだろう、たぶん。

www.mallofamerica.com


ミネアポリスに到着後、乗り継ぎルートで進むと手荷物検査を通過した搭乗ロビーに通される。特に空港の外に出ない人は、搭乗ロビー内にも多くのお店やラウンジがあるのでそこで十分に楽しむことができる。
ただし自分のように「ちょっと外でてみたい」という人は一旦搭乗ロビーから出なくてはいけない。出るのは簡単で一方通行の出口がひっそりと靴磨き屋の横にあるので、そこを進むだけだ。警備員がいるが搭乗ロビーから外に出る分には何も言われない。逆にまた搭乗ロビーに戻るためには手荷物検査が必須となるので注意しよう。


全米最大級のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ」に


搭乗ロビーをぬけ案内板にしたがって電車を探しに行くと券売機とプラットフォームがあるのでそこで切符を購入。切符もプラットフォームの方向も「Mall of America」と書かれているのでわかりやすい。ただし問題は寒さ。時期は1月上旬、外気温は手持ちのiPhoneによると-16°。-16°って何度だよ......。
吹きすさぶ風に耐えて電車を待っているのはなかなか辛いものがあり、電車がきたときはホッとした。

さて電車に乗るとミネアポリスの街並みをなんとなく楽しむことができる。どこをみても雪景色。寒そうだ。

モール・オブ・アメリカは終点で、だいたいみんな降りるので間違えることはないだろう。降りてすぐ目の前の建物に入るだけだ。ただし、全米最大級というだけあり館内はめちゃ広いので、目当てのお店がある場合はそれなりにフロアマップをチェックしてからでないと見つけることが困難である。なにせショッピングモールの中に遊園地があるのだ。これなら寒くても遊べるなぁ、考えられてるなぁと感心しつつ、無事1FにあったT-MobileでSIMをゲットすることができた。セッティングまでお店のスタッフがやってくれたのであとは使い倒すだけだ。



ちなみに今回購入したのは「プリペイド インターナショナル・ツーリストプラン | T-Mobile」。短期旅行者向けのSIMで、

  • 3週間限定で利用可(使い始めてから3週間を経過すると自動で番号が使えなくなる)
  • データ通信し放題(ただし2G超えると通信制限が入り遅くなる)
  • 通話1000分、テキストメッセージは制限なし
  • 金額は$30。日本からも事前購入申請はできるが届けられるのはアメリカ国内のみ


といった特徴がある。今回始めて使ったが、正直ちょっと困った。困った理由は2Gを超えた通信制限がはいったあと。通常旅行者向けのSIMで規定のギガを利用したあとオプションで追加ギガを購入できることが多いのだがこのツーリストプランは追加購入などが一切できない。新しくSIM買うくらいしかできない。2週間ほど滞在していたので後半は通信制限がなかなかつらかった。次回アメリカに行くことがあればこのオプションが追加購入できる仕様になってない限り購入はしないだろう。ただし1週間程度の短期間であれば問題なさそうなので、そのときは使うのもありかな。


ミネアポリスでの探検はまた別の記事で。