akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜の歌詞を記憶の限り書き起こし #ナルステ

暁の調べをみて最初におもったことは「歌詞を公開してくれないかな」だったのですが、東京公演、シンガポール、東京凱旋と見るにつれ覚えてきたので記憶の限り自分のメモとして書き起こしてみたいとおもう。記憶頼りなので若干曖昧。
あと数日で終わりだなんてさみしすぎる......。


いわずもがな、ネタバレとなりますのでまだこれから8月6日のライブビューイングを楽しみに待たれている方などは、お気をつけください。



暁登場シーン

イタチ
まずは一尾の人柱力 砂の我愛羅を手にいれた
これからこいつに封じられてる尾獣を引き剥がす


鬼鮫
尾獣とは尾を持つ魔獣


デイダラ
この世に九体存在する莫大なチャクラの塊


イタチ
その尾獣を人間に封じ その力を支配する


3人
それこそが人柱力
我々暁の目的はあの九尾を含め 尾獣すべてを手にすること


我愛羅救出に向かうとき

綱手姫
人柱力のことを本当にわかってやれるのは 人柱力のやつだけだ
ナルト だから必ず助け出せ
おまえには不思議な力がある
みんな おまえにかけてみたくなるのさ


目的はなんだver1

イタチ
愚かなる弟よ 今のおまえには殺す価値もない
俺を殺したくば憎め 憎め 逃げて生にしがみつくがいい
もしお前が 開眼すれば 万華鏡写輪眼を扱う者は3人
だからこそ生かしてやる 俺自身のために


大蛇丸
サスケくん 君の目的はなあに?
もし君が 私のもとへ来るのなら あなたは素晴らしい力を得ることができる
あなたは必ずわたしを求める


サスケ
俺の夢は未来なんかにない 俺の夢は過去 そこにしかない
兄さん あんたを殺すためなら
どんな闇だろうと俺は突き進む どんなことあっても力を手にいれる



目的は


大蛇丸
目的は


サスケ
目的は


暁・大蛇丸
目的は


全員
なんだ!?



尾獣を手に入れ すべてを支配する


大蛇丸
若く美しい身体 本当の不老不死


サスケ
兄さん あんたを殺すため 俺は力を手に入れる


イタチ
サスケ 俺と同じ眼をもって 俺の前にこい



目的を


大蛇丸
目的を


サスケ
目的を


暁・大蛇丸
目的を


全員
果たすのは......


ナルト「サスケは俺が絶対つれ戻す。そんでそんで、暁だってぶっとばしてやるんだってばよ!」


全員
この俺だ!


カカシ班の任務

ヤマト
目的はあくまで逮捕であって 死なせてはならない
殺してしまうと大切な情報源が失われる

作戦は簡単だ ひとつ僕がスパイを拘束する
ふたつ もしも失敗 戦いになったとしたら 君たちも戦う

その場合 常にバディシステムで行動する


ナルト「バディシステム?」


ヤマト
ひとりが動くとき かならずもうひとりが援護する
それがバディシステムだ


ヤマト「ナルトとサイのチーム、僕とサクラチームだ」
ナルト「なんで俺がこいつなんかと一緒なんだってばよ!?」
ヤマト「な に か?」


ヤマト
さぁシミュレーションをはじめよう


大蛇丸のアジトに潜入

ヤマト
ここから二手に別れて サスケを探す
僕とサクラ ナルトとサイの2チームだ
なにかあったらチャクラを練ること
発信機が感知して かけつける


サイの兄弟

サイ
君はよく似ている 僕の兄さんに
くちやかましく あわてんぼうで
品がなくて それにチn......

君のように何をするにも必至だった
君を見てると 兄さんのことを


ナルト「それって!」
サイ「思い出した、思い出したんだ!」


サイ
兄さんに見せたかった 二人の夢の絵を


大蛇丸vs九尾

大蛇丸
サスケくんのことが知りたいなら 力づくで聞きだしなさい
まぁできればだけど


人柱力としてかなり成長してるじゃない
私のサスケくんとどちらが強いかやらせてみたいわね


ナルト「俺の前で......自分のものみたいにサスケの名を口にするんじゃねぇ!!」


サクラ「これが人柱力の力……」
ヤマト「なんておぞましい力だ……」
サイ「これがうずまきナルト......九尾の力か」


大蛇丸
おもしろいわね さぁいらっしゃい


人柱力の力を借りてその程度!?
まだまだ サスケくん以下ね


(以前の衣装でサスケ登場)


ナルト「まてって......まってくれ、サスケー!!」


大蛇丸
おもしろいわね まったくこの子は


カブト
さっきよりさらに九尾に近づいてるね
これは忍者の戦いじゃない まるでバケモノ同士じゃないか


サクラ「ナルト......!」


カブト
みなよあれを あんな姿になってまで
サスケくんを助けたいのか 悲しい子だ


ナルト(サスケは俺が絶対連れ戻す、一生の約束だってばよ!)
ナルト(自分の言葉は曲げない、それが俺の忍道だからよ!)
サクラ「ナルト!!」

  • サクラ、ヤマトの会話 -


大蛇丸
「やっぱりこの身体では拒絶反応がでてしまうわね......残念だけお遊びはここでおしまい」

我慢 我慢よ 私にはサスケくんがいる





目的はなんだver2(一幕目フィナーレ)

サスケ
俺の夢は未来なんかにない 俺の夢は過去そこにしかない
兄さん あんたを殺すためなら
どんな闇だろうと俺は突き進む どんなことあっても力を手にいれる


カブト
目的は


カブト
目的は


サスケ
目的は


イタチ
目的は


全員
なんだ!?


カブト
自分を知ること 大蛇丸様のもとで


大蛇丸
若く強い身体 本当の不老不死


サスケ
兄さん あんたを殺すため 俺は力を手に入れる


イタチ
サスケ 俺と同じ眼をもって 俺の前にこい


カブト
目的を

大蛇丸
目的を


サスケ
目的を


イタチ
目的を


全員
はたすのは......


ナルト「俺はよええ......まてって......まってくれ、サスケー!!」


全員
この俺だ!


ナルトの修行

(いつもダンスかっこよすぎて見惚れてしまって歌詞が本当に曖昧......)


ナルト
影分身の経験は そのまま俺の経験になる
2人で同じ修行をすれば 経験値はその2倍
修行の時間を半分に 3人なら1/3 1000人なら1/1000だってばよ

これから修行するのは チャクラの性質変化
俺のチャクラは風 風の性質変化の修行

「まずは木の葉を手のひらではさみ、まっぷたつに切る修行」

イメージはチャクラをうすくすりあわせる
そしてコツはよりうすく よりするどく

「できたー!やっぱ俺ってすげーのかぁ」

大蛇丸の転生の儀式

大蛇丸
私は不滅 あなたごときの術ではまだまだ殺せぬ


サスケ「ここは.....なんだ......」


大蛇丸
ここは私の中の世界 ここで転生の儀式を行うのよ
さあ はじめるわ

「ばかな......ここは私が作り出した異空間よ、ありえない、ありえないわ!」


サスケ
大蛇丸 お前の如何なる術も この眼の前では意味がない


↑ここ最高にかっこいい。すき


蛇誕生

サスケ
まずはお前だ 水月


水月
やっと出られた ありがとうサスケ
まずは僕か じゃあ次は?


サスケ「南アジトの香燐と北アジトの重吾を連れて行く」


水月
ついていくよ 助けてくれたお礼に
ただし2人をつれていく前に

「ちょっと寄り道してほしいところがあるんだ」


香燐
大蛇丸が死んだからって 勝手されちゃ困るんだよ

「このチャクラのかんじは......まさか……」


水月
「重い......これが再不斬の首斬り包丁か」

再不斬先輩 これは僕がいただくよ

「ひとつ聞いてもいい?なんで仲間を集めているの?」


サスケ
俺には目的がある その目的を果たすためには

「小隊のが効率がいい。こうなることを考えてあらかじめ力のある忍びを選抜しておいた」


水月「それなら香燐はやめたほうがいいんじゃない。あいつは大蛇丸の部下だよ。第一あの性格が好きになれない」
サスケ「しかしあいつは他にはない特別な能力をもっている」


香燐
やっぱり お前らか
それでここになんの用だ


サスケ
香燐ついてこい お前が必要だ


香燐
はぁ!? なんでお前なんかに うちはここを任されたんだよ


サスケ「水月、ここに捉えられているやつらを全員解放しろ」
水月「相変わらずの命令口調だね」
サスケ「これでもう、監視役は必要なくなったわけだ。どうする」
香燐「お断りだね!だいたいお前らについていく義理はないだろう!」
サスケはぁ......

(水月が向こうにいく)


香燐
いく〜♡
サスケがどうしてもっていうなら ついていってやるよ

「そろそろ、見張りもあきちゃってたところだし」

どうせなら うちとサスケだけでいいんじゃない?
水月なんか

「いらないだろ、あいつ」


水月
さぁ いこうよサスケ


水月「香燐はだめだったようだしね」
サスケ「いや、どうやらくるらしい」
香燐「いや、あの、その偶然いく方向が......」
水月「へー。ちょうどいいね」


水月
じゃあ次は 重吾だね


香燐
重吾だと!? あんなやつを仲間にすんのかい?


香燐「なんでも噂じゃあいつは自分から大蛇丸に捕まりにきたらしい」
水月「なんで?」
香燐「更生するためにさ」
水月「更生?一体なんの?」


香燐
麻薬と同じ 自分ではどうしようもできない

「その殺人衝動を抑えるためにさ」


重吾
次は女 女がいいな 女が入ってきたら殺す
やっぱり男だ 男がいいな

いややっぱ女 女がいいな
殺す 殺す 殺す
いやっぱ男 男が入ってきたら殺す

(サスケがはいってくる)

ビンゴ!殺す!


(水月と重吾のバトル)


サスケ「やめろ水月」
重吾「どうせ話してもつたわんないよ。力づくでつれていこう」
サスケ「二人ともやめろ」
香燐「いけいけー!どっちもやられちまえー」


サスケ
おまえら 俺に

「殺されたいのか」


香燐
た たまんない サスケ


− サスケと重吾のやりとり −


サスケ「決まりだな」


サスケ
これから俺たちは4人で動く
そして我ら小隊は 蛇と名乗る
蛇の目的はただひとつ

「うちはイタチだ」



探し出せ

木の葉
探し出せ


探し出せ


探し出せ


木の葉
追いかけろ


追いかけろ


追いかけろ


デイダラ どっちだ
ナルト イタチか
イタチ 人柱力
サスケ あの男
カカシ サスケか
ヤマト 近づいて
重吾 気づかず
サクラ すれちがい
香燐 遠ざかる


ナルト
サスケ おまえがいつもひとりなのは知ってた
だから安心したんだ 俺もいつもひとりだったから
おまえみたいになりたかった おまえは俺の憧れなんだ


サスケ
親も兄弟もいないお前に はじめからひとりだったお前に 俺の何がわかる
つながりを失うことの この胸の痛み 苦しみを


ナルト
俺にとってのおまえは やっとできたつながり
だからあきらめない つれもどす


サスケ
いくつものつながりは 己をまどわせ弱くする
だからそのつながりを断ち切ることで さらなる強さを手に入れる


ナルト
すれちがい


サスケ
遠ざかる


全員
探し出せ 探し出せ 探し出せ
追いかけろ 追いかけろ 追いかけろ


イタチの万華鏡写輪眼説明(とても曖昧)

イタチ
二人は互いの力を高め合い競った
さらなる成長を遂げ ついに手に入れる万華鏡写輪眼
その瞳は特別 力を得る代わりに いきつく先は完全な闇
兄マダラは光を求め弟の両目を 奪った
永遠の光 永遠の万華鏡写輪眼を手に入れた


「そればかりか、その目には新たな瞳術が加わった」
「ただしこの眼のやり取りは一族の間でしかおこなえない」
「そして俺はいま、マダラを越える力を手に入れる!」


おまえは俺にとっての新たな光

「おまえは俺のスペアだ!!!」

イタチとサスケ

イタチ
里のため 平和のため そして何より おまえのため
裏切り者の名を背負い 死んでいこう
名誉の代わりに汚名を 愛の代わりに憎しみを 受け取り
それでもなお 笑っていこう
ずっとおまえを騙しつづけたまま


イタチ・サスケ
里のため 平和のため そして何より 俺のため
裏切り者の名を背負い 死んでいった
名誉の代わりに汚名を 愛の代わりに憎しみを 受け取り
それでもなお 俺とおまえは 唯一無二の兄弟

お前の越えるべき壁として俺は お前とともにありつづける


イタチ 「許せ、サスケ。これで最後だ」


サスケ
忘れようとしてた記憶 今なら 思い出せる
心の奥しまいこんでいた かすかな 記憶がよみがえる
気づけなかった一族が殺されたあの夜
兄さんは 泣いてた......

忍び耐える者

ナルト
忍び耐える者に一番大切なこと それは才能じゃない
大切なのは あきらめないこと
まっすぐ自分の言葉は曲げない どんなときもあきらめない
それが忍の生きる道なんだ 自分を信じ かけてみよう
命より 大切な 仲間を必ず つれもどす


サイ
忍び耐える者に


綱手姫
一番大切なこと


カカシ
それは才能じゃない


サクラ
大切なのは


ヤマト
あきらめないこと


綱手姫・ヤマト
まっすぐ自分の言葉は曲げない どんなときもあきらめない
それがおまえの生きる道なんだ おまえを信じ かけてみよう


木の葉
命より 大切な 仲間を全てを おまえに託そう
命より 大切な 仲間を全てを おまえに託そう





ステージの感想はこちらの記事で。
akuyan.to