読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

居心地が最高にいい新宿伊勢丹屋上の本格ヨーロピアンビアガーデン「SKY PARADISE BEER GARDEN」へ

夏といえばいわずもがなビールを連想してしまう程度にはビールが好きだが(それは夏に限った話ではないのではという異論は認める)、とくれば、夏の風物詩としてビアガーデンを外すことはできない。
まだ梅雨もはいったばかりで本格的なビアシーズンとしてはもう少し先になりそうだが、そんな中、6月から新宿伊勢丹の屋上にオープンした「SKY PARADISE BEER GARDEN」にオンライン予約サービスのトレタさんから招待をいただき行ってきた。

伊勢丹内のエレベーターで屋上まであがると、そこには寝転がると気持ちよさそうな芝生がひろがっていた。
デパートの屋上にあるものといえば小さな小さな遊園地で小さい頃よく連れられて行ってものだったが、最近の不況のあおりで軒並みそれらが撤去されたというのはなんとなく耳にしていた。久しぶりにやってきたデパートの上は今どうやら大人のための遊園地として活用されているようだった。



新宿伊勢丹の屋上では2ヶ所ビールカウンターがあり、1つは芝生らへんでシートなどしいてのむゆるいスタイルのビアバー、もう1つが今回の目当てのヨーロピアンビアガーデンだ。
会場のシャレた雰囲気は、その置いてある家具からからみて察してもらいたい。ビアガーデンの椅子にふかふかのクッション。椅子もよくよく見るとプラ素材の風がふけばひっくりかえるような代物ではない。雨にも風にもまけずにそれでいて汚れにくいものを厳選して置いているそうだ。間違いなく今まで訪れたビアガーデンの中ではトップクラスの雰囲気のよさだ。

Untitled


このビアガーデンでは予約時にバカンスプラン、パラダイスプラン、女子会プランの3つのコースから選ぶことができる。コースは料理が少しずつ異なり、それにプラスして飲み放題がついてくる形だ。料理はいいタイミングで次々運ばれてくるので、その合間にカウンターへ飲み物をとりにいく。

Untitled

メニューを見るとこれが飲み放題でいいのかと心配になるグレードの高い飲み物メニューがずらり。メニューの下に並んでいる3つはカウンターで+200円をキャッシュオンでのめるメニューのようだ。
ビアガーデンでサッポロの白穂乃香が楽しめる魅力にひかれながらも、1番のおすすめはスパークリングワインとのことでマルティニペリーニを注文。


今回はパラダイスプランにしていただいたとのことで、コースの前菜が運ばれてきていた。なんともスパークリングワインとあいそうだ。

Untitled

この写真を見てビアガーデンだとおもう人はいないだろう。この料理の質の高さ、食器類のセンスのよさ。そしてこのスパークリングワイン。ビアガーデンという言葉で片付けるのがもったいないほどだ。それなりなレストランのテラス席という方がしっくりくる。
まぁそれもそのはず。このビアガーデンを運営しているサルヴァトーレグループは、世界中の各オシャレスポットにオシャレなレストランを展開している本格派なのだ。このビアガーデンの料理も普段青山でレストランを切り盛りするシェフが考えたものとのことで、素材から調理方法までぬかりがない。まぁ食べる方はそんな細かいところしらなくてもおいしければいいのだが、だいじなのは「ビアガーデンという気軽スポットなのにオシャレ度と満足度が高い」という点である。テストで出そうなのでメモしておいてほしい。

Untitled



生ハムおいしいなぁと堪能しているところに、ドンと台座にのせられ出てきたのはフリットミスト アラ ペスカトーレ。ザクッといってしまうと野菜や海鮮類のフライの盛り合わせ。これがまた食材にも揚げ方にも抜群の気の使い方で、ビアガーデンの揚げ物とはおもえないおいしさだ。レモンをたっぷりしぼっていただきたい。

Untitled


さらにこのビアガーデンのメインディッシュ、釜焼きマルゲリータが登場。

Untitled

そう、釜焼きである。まさかのビアガーデンで釜焼きピザ。いったいこのビアガーデンは何を企んでいるのだろう。ピザがおいしすぎるビアガーデンって、どういうことなんだ。うまい。



そしてメカジキとチェリートマト、2色オリーブのうず巻きパスタ。

Untitled

バックリブステーキ オレンジハニーソース 焼トウモロコシとフライドポテト添え。

Untitled

もはやここらへんは何もいわずともおいしさは伝わるとおもうので、説明は省略する。


最後にサービスで女子会プランにしかつかないデザートまでいただいてしまった。
おもう存分ビアガーデンとはおもえない料理のおいしさ、居心地のよさを堪能してしまった。この日はまだ肌寒かったが、夏の夜のいい気温といい風でこんないいものを楽しんでしまったら、席から立てなくなりそうだ。

Untitled



基本的には予約オンリーでの受付とのことで、行く際は以下のサイトから忘れずに予約をしていきたい。
www.salvatore.jp