読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

下北沢の片隅でフランス帰りのシェフが作る肉料理を食べに「肉屋カーニバル」へ

渋谷から吉祥寺までをつなぐおしゃれな駅の多い井の頭線。
その中でもやはりシャレた場所としてはずせないのはシモキタとして親しまれている下北沢だろう。
今回はそのシャレた場所でシャレた肉料理を楽しめる場所があると招待されてでかけてきた。


下北沢駅南口から徒歩5分ほど道なりに歩いた場所に「肉屋カーニバル」というお店はあった。
表に面した道からちょっと袋小路にはいるところで一見するとわかりづらいが、目印として豚のシェフがお出迎えしてくれている。若干こわい。

DSC07302

レンガ造りの建物の階段をのぼった2階にお店の入口はある。中にはいるとそう広いかんじではないが、仲のよい友達とまったりと過ごせそうなよい雰囲気だ。

DSC07234

DSC07236



まずは飲み物を注文、ということでドリンクメニューを。

DSC07237

DSC07238

ビールメニューにはビールの系統がかかれており「この銘柄を」と頼むのではなく、好きな味を元に店が仕入れているおすすめクラフトビールを出してくれるようになっていた。そのときどきで仕入れが違うようなので、料理にあわせてお任せできるのはラクでうれしい。
ほかにも数多くのワインがとりそろえられていた。そんななか最初の一杯にだしてもらったのはHEEEWEIZEN。

DSC07245



前菜は紅人参のソテー。紅とつくだけあって色が濃い。

DSC07246

人参ならではのうまみをじんわり楽しめる。
味の濃いやさいを噛みしめておいしさがわかると、自分の成長を実感できるような気がするのはなぜだろう。



お次はシャルキュトリの盛り合わせ。シャルキュトリなんて単語はじめてきいたが、肉の加工品の総称らしい。なるほどね。

DSC07254

エゾシカのテリーヌ、三州豚のパテ、牛バラにビーフジャーキー。すばらしいなシャルキュトリ。
自家製ビーフジャーキーはこってこてに濃いめの味付けでこれはもうビールがたまらなくすすむ。
エゾシカのテリーヌもほどよいクセがまたいい。あああー、ビールがおいしい。

DSC07257



お次はパクチーとライムのサラダ。

DSC07261

好き嫌いのわかれるパクチーだが、なんでもパクチーを採取する時期によって味のクセがかわるらしい。
サラダをよーくまぜて下にしかれていたドレッシングとあえる。このドレッシングがなかなか好み。
お肉のこてこて感をほどよく中和しつつも、お酒にあういいサラダだった。



そして大好きなチーズがここで登場!ひゃっほー!
ここで出していただいたのはクリームチーズにイチジクとはちみつ、ブラックペッパー、ラム酒などをまぜたものと、ワインの搾りかすをまとって熟成させたかためのチーズ。

DSC07264

クリームチーズは添えられたブレッドにもりっとのせてパクッといただく。くぅ、うまい。チーズとイチジクとはちみつなんてまぜたら危険の筆頭である。おいしくないわけないじゃんよ。
でも個人的にはもう1つのワイン熟成チーズが好きでたまらない。これはもうワインと一緒にのむしかない。ワインとチーズが楽しめる日は本当にしあわせだ。

DSC07267



チーズを楽しんでいるところにはたまた肉料理が。今度は馬のローストとトリッパの煮込み。

DSC07270

DSC07275

肉感を充分にあじわえる馬と、肉とチーズとワインをとりもつトマトで煮込まれたトリッパが最高のコンボで太刀打ちできない。
なんでも料理をつくってくれてたシェフはずっとフランスにいってたようで、このトリッパは向こうでよく食べられる家庭料理をそのまま再現したそう。いいもの食べてるなフランス。


そしてきましたメインのかっこいいやつ。骨付きラム肉!

DSC07278

肉で1番おいしいのは骨のまわり、というのはもはや疑いようがなく、しかもみるからにおいしそうな色したラム肉がこんな品よくでてきてはもう期待値MAX。
ナイフをいれるとするっとほわっと肉がはなれてくくらいにやわらかくてトロトロ。本当に肉のお祭りだ。



さらに追加でソラ豆のガーリックソテーやさつまいものフライドポテトも注文。

DSC07285

DSC07288

お酒がすすんでしまういけないやつら。この2つとビーフジャーキーとビールがあれば永遠のめそう。

DSC07287


これでもか!というほどお肉とお酒にあう料理を堪能できた店だった。
肉料理もおいしいけど、個人的には肉料理以外とお酒を楽しみにまた行きたい。


http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13173240/