読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

大容量Wi-Fiレンタルでヨーロッパ周遊でもサクサクインターネット

海外に1人で行っても大丈夫だと思えるようになったことの一因に、スマートフォンという存在は大きい。


スマホさえあれば、分からない言葉もすぐ調べられるし、地図アプリさえあればどこにでも行けるし、交通手段を確保するのもラクにできる。
しかし当たり前だが契約している回線は日本のものなので、でかけた先の国でネットワークの確保は本当の意味での死活問題になる。

DSC06959


自分はSIMフリーのiPhoneを持っているので、でかけた先の国の空港でまず最初にSIMをゲットして……というのが個人的なこれまでの定石だったのだが、今回ヨーロッパのオランダ、ベルギー、ドイツを1週間で周ることにしたためその方法ではイマイチ使い勝手がわるい。国ごとにSIMを入手するのも、国ごとにイチイチ契約を結ぶのも大変だし、短期間の契約期間で適したものがない。


そこで今回活用したのがWi-Fiレンタルサービスだ。以前に同行者が持ち合わせたものを少し使わせてもらったことはあったが、自分で利用するのは今回が初めてだ。今回、サービスの利用体験をさせてもらったのは空港でもブースをみかけるグローバルWi-Fi。

townwifi.com


空港で当日レンタルができるのはもちろん、事前にレンタル申し込みをしておくと自宅に送ってもらうことができる。個人的には空港であんまりバタバタするのは好きではないので、事前に家まで送ってもらった。


Webから会員登録をして、旅行に行く日程を登録。すると指定住所に出発する2日前あたりに到着した。
包装は簡易的なもので、袋の中から出て来たのはWi-Fi本体と充電用のUSBケーブルや充電器、海外でも使える電源変換機にモバイルバッテリー。
Wi-Fi本体を充電するために使うものばかりなのだが、これはもちろん自分のスマートフォンの充電にも使えるので、1日中外にでかけている海外旅行中ではどれもこれも有用なものだ。

DSC06848



飛行機で現地に到着して電源をいれると、しばらくして現地のサービスと繋がる。
そうしたらWi-Fi本体に記載されているSSIDを選択して、パスワードを入力するとすぐ接続された。

DSC06946

今回使わせてもらったのは大容量プランというもの。通常は3日あたり400Mというプランなのだがこれだと写真をソーシャルにどんどんアップしているとわりとすぐにパケットオーバーしてしまい回線が低速になってしまう。
だが大容量プランは1日500Mまで利用できるので、写真を1日中アップしていても快適にネットが使い放題だった。


海外のホテルは無料のWi-Fiがついているところが多いが、なんだかんだ繋がりにくかったり重かったりとストレスがたまりやすい。しかしWi-Fiをレンタルしたことで、ホテルでパソコンもサクサク利用できた。
スマホとパソコンで利用できて、国ごとの手間がかからないことを考えるとお得なことは間違いない。