読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

今年もぶっかけそうめんの季節がやってまいりました。

ああ、今年もとうとうやってきた。私が恋してやまないぶっかけそうめんの季節が。


ぶっかけそうめんをまだ知らないというとてももったいないあなたに説明すると、都内近郊に住む者であれば必ずやお世話になっているであろうファミリーマートで販売されている夏の風物詩であるそうめんのお弁当である。



日夜、仕事におわれお昼ご飯をお昼の時間に食べるのもままらなず、帰りは終電ギリギリ…そんな生活をそっと支えるコンビニ弁当。


とはいえ疲れてたり暑かったりしてくると、正直固形物とか消費できる体力すらないということも多い。でも何か食べないと体力が…という悪循環を断ち切るのはみんな大好き麺類だ。


なかでも夏の麺といえばそうめんだ。
そのさらっとつるっとした押し付けがましくない喉越しがたまらない。
通常のつゆにつけて食べるタイプではなく、つゆをぶっかけて食べるこのぶっかけそうめんの魅力について語らせていただきたい。



そうめんで大事なのは、麺・めんつゆ・薬味の3つ。
シンプルだからこそそのポテンシャルによって大きく味わいが異なる麺は、安心のブランド揖保乃糸。昨年から引き続きパッケージに大きくのせられており、買う側へ安心感を与えてくれる。

IMG_20150622_151437



そして薬味。一昨年、昨年は梅・しらす・ネギの3種類だったが、今年のぶっかけそうめんはなんと既存の3種類に加え、玉子・ワカメ・しょうがの計6品もの薬味が添えられた。
個人的には玉子もワカメも大好きなので担当者の人にお礼をいいたい。ありがとう。

IMG_20150622_151517


と、おもったら、薬味が添えられたカップを持ち上げると、薬味のなかのエース・ごまの姿が…!さすがわかっていらっしゃる…。あれ…でもそういえば今年は海苔がない…刻み海苔とごまの組み合わせは最強のコラボレーションだとおもうのだが、海苔が不作だったのだろうか…そこだけはとても残念である。まぁ海苔くらい買っていれるさ。

IMG_20150622_151542

薬味が増えたことで、より色々な楽しみ方が増えたのはいうまでもない。



そしてめんつゆ。私がぶっかけそうめんをここまで好きなのは、なんといってもこのめんつゆがおいしいからだ。つけて食べるタイプとちがい、ぶっかけてひたひたにして食べるめんつゆなので味が濃いわけではない。ただ出汁としょうゆみがほどよい感くかけあわされているのだ。ああ、はやくぶっかけたい。

IMG_20150622_151534



薬味をのせ、めんつゆをぶっかければ、ぶっかけそうめんの完成だ。
いちいちめんつゆにつけたりしなくても、薬味を気にしなくてもこのままかっこめる。うまい。そしてやさしい。なんてやさしい商品なんだぶっかけそうめん。

IMG_20150622_151759



どうか今年も9月終わりくらいまでは店頭にだしておいてください、お願いします。