読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

濃厚フォアグラに黄身がとろけるうずらの玉子が絶品のジャンボ串焼き鳥「鳥しん」へ

[Review] おいしいご飯

五反田の西口から出て目黒方面に5分ほど歩くと、サラリーマン御用達の飲み屋が軒を連ねる。そんな中にある焼き鳥店の鳥しんに行って来た。

DSC06357

お店があいてすぐのターンはすべて予約で席がうまっていた。
案内された席は炭火の目の前。ガラス越しに焼いていく様が見られる。

DSC06359


まずは飲み物、ということでビールを注文。そこから先の料理はすべておまかせで出てくる。そのときどきでおいしいものをお客さんの様子にあわせて大将がだしてくれるのだ。

DSC06381



お通しはむね肉のなめろう。ピリ辛な味付けでぱくぱくと食べ進めあっという間に胃のなかに。

DSC06362

そして最初にでてきたのは鳥の指し盛り。レバー、ハツ、すなぎも、もも肉のたたき、ささみ。赤身はごまだれで、白身はわさびじょうゆにしていただく。

DSC06363

DSC06366

新鮮でくさみがまったくないレバーと、しおっけのきいたごまだれが最高にマッチする。もものたたきがやわらかすぎてくちのなかが癒される。もうこれらとお酒があればいいんじゃないだろうか。



のっけからその鳥のおいしさにやられているところに、出て来たのは焼き鳥の定番もも串。でかい。なんだこの具のでかさは…。これは焼き鳥なのか…?

DSC06368

DSC06369

なんていぶかしんでいると大将に「はやくたべたほうがいいよ」と声をかけられ、がぶり。食べたさきからあふれる肉汁。炭火でかりかりに焼かれた表面。しっかりと肉にきいてる塩。は〜〜〜うまい。
1つ1つの具が大きいのにしっかり中まで火がとおってるのがすごい。


お次にでてきたのはこれまたおおきなつくね串。

DSC06372

つくねといえばたれでだすところが多いけれど、ここはきちんと下味つけて塩をきかせてしっかり焼いているらしい。ふむ、どれどれ…は〜〜〜うまい。
塩味なことでちゃんとお肉のおいしさと、やっぱりたっぷりな肉汁が大盛況。


そんなフィーバーしている口のなかを冷静にしてくださいね、とキャベツと特製みそが。このキャベツが、ただのキャベツじゃない。おいしいキャベツだった。何をいっているかわからないとおもうので説明する。

DSC06376

よく口直しとしてキャベツってのが山盛りででてくるをみかけるんじゃなかろうか。そいでみそっぽいのにつけて食べたりするとおもう。なんだったらごま油かかってるときもある。でもね、あのキャベツっぽいのね、おいしくないときのが多い。そう、キャベツっぽいのおいしくないんだ。でもね、ここのキャベツうまいんだ。キャベツだけでうまいんだ。あとそこに特製みそつけちゃうとね、もううまいうまい。は〜〜〜うまい。


いやもうここまできたらね、あとはそんなに驚いたりね、しないよね。なんて思ってたのが間違いだったね。


ここできました、みんな大好きうずらの玉子。

DSC06377

でもね、よくみて。これちょっとほらぷるぷる感わかるかな、ぷるぷるしてるの。白身がぷるっぷるなの。ちゃんと炭火で焼いてたのに。

DSC06380

しかもしかも、黄身がね、とろっとろなの。もうとろっとろの最上級っていうの?もはや液体といっても過言ではないとろり感。口の中にいれて白身のぷるぷるからあふれでる黄身のとろとろ。ぷるぷるとろとろ。ぷるとろ。


こんな新しい出会いがあるなんて…と感激していたところに出て来たのがねぎたっぷりの皮ポン。

DSC06382

たっぷりのぽんずをスプーンでかけてかけて、ぱくっと食べると口のなかでパリパリ音がする。炭火でじんわり焼かれた皮の焼き加減と、さっぱりねぎとポン酢の組み合わせ。


さっぱり風味に気分もおちつき、そろそろもうおなかいっぱいだなぁなんて思ってたとこに、きました。メインディッシュのフォアグラ串。うすい皮につつまれたとろとろの中身がぷっくりとてらてらしてておいしそうオーラを放ちまくっている。食べるしかない。

DSC06387

まぁなんといっても社会人になってもう10年になるし、まぁ何回かフォアグラぐらい食べたことだってある。でもね、これはね、ナンバーワンだね。うまいね。うまいったらないわ、とろけるわ〜。なんでこんなやわらかいのに串にささってたの…おいしすぎるよ…。

DSC06392



もう最高の最高に串堪能しまくりまして、これ以上ないでしょうなんて思ってたところに。こんな最後に今日イチがきてしまった。もものかざぼし。

DSC06393

しっかりと下味つけたお肉を炭火でまずはじっくり表面をやいて、そこから炭火の煙でいぶしていぶして出て来たかざぼし。これがするめいかのおつまみみたいに、かめばかむほど味わいがよくて、おいしくてお持ち帰りしたかった。これお持ち帰り商品で売ってくれたら買うのに…。お酒の肴に最高すぎる…!!!
フォアグラやかざぼしは数に限りがあったり、時間がかかるので予約するときに確認した方がよさそうだ。



シメに鶏スープ、鶏雑炊、そぼろ丼のどれか1つを選べるということで、そぼろ丼を注文。

DSC06371

一緒にいった人は雑炊を頼んでたので一口味見。たまごのまろやかさとスープの濃厚さがたまらん。

DSC06396

そしてお待ちかねのそぼろ丼。何を隠そう自分はそぼろが大好きなのだ。

DSC06399

のってるうずらのたまごをそ〜っとまぜまぜして、ご飯と一緒にいただく。

DSC06400

うわああああん、これおいしいいいいいい。
鶏そぼろって味がうすめなのが多い印象なんだけれども、これはきっちり味をしみこませてあるタイプでご飯にのせるためだけにうまれてきたような最高のそぼろだった。もはやこの丼だけ食べに来たい。
どうやらちょうど自分たちで最後の分のご飯だったようで、後からきた人にうらやましげな目線を投げられた。


は〜〜〜何もかもがおいしかった。またいこう。