読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

ランプ肉やカイノミステーキがお手頃に!神田にオープンした肉バルRUMP CAPへ

[Review] おいしいご飯

神田駅沿いの線路下に4月15日からオープンする「神田の肉バル RUMP CAP」。
そのプレオープンにお招きいただき一足お先に肉と肉と肉まみれになってきた。

DSC06041

神田駅の改札を出てぐるりとまわりこむような形で線路沿いを1分も歩かない内に見えてきたのが今回おじゃまするRUMP CAP。ここは都心に勤めるビジネスマンなら確実にお世話になったことがあるであろう庄やグループの新店舗だ。
RUMP CAPはバルの気軽さで1人でふらりと、また気心しれた友達と2人で、みんなでワイワイとどんなシチュエーションでもおいしいお肉をしっかり食べて、しっかり飲んで、がっつり満足できる、がテーマになっているらしい。


DSC06040

外観はさらっときれい目に今風で気軽に入りやすそうなかんじ。
入ったすぐの1階はカウンターで、その奥では炭火で肉がどんどんと焼かれ、おなかの鳴る匂いがたちこめていた。

DSC06042

このグルメ企画してくれた飲食店予約システムのWebサービス・トレタさんが2階に席をとっておいてくれたので、いそいそと2階へ上がる。2階はテーブル席で1階とはまたちがってのんびり友達とくつろげる雰囲気になっていた。

DSC06063



席につくとすぐに、お通しと香草サラダが。お通しは生ハムと生オリーブの盛り合わせ。実はあんまりオリーブの実自体は得意ではなく、あんまり気が進まなかったがおそるおそる一口。おいしい。どうやらいつも食べている塩漬けではなく生のオリーブの実のようで、ぜんぜんクセが強くなくあっという間に食べてしまった。

DSC06050

香草サラダ、と聞いて香草がどんなものかあんまりわかっていなかったが(ざっくりハーブのことかと思っていたが)何を隠そうパクチーサラダであった。好き嫌いのはげしい自分にしては珍しいことにパクチーは食べられるのでなんということもなかったが、苦手な人も多いと思うので頼むときは要注意。おそらくパクチー好きな人にとってはとってもしあわせになれるサラダだろう。ドレッシングも酸味強めでパクチーとあいまっておいしく食べられた。

DSC06049



頼んだお肉をわくわくしながら待っている間、先に来ていた人が頼んでたメニューをつまませてもらう。
こちらはレモンバッファローチキンウイング。よくわからないが手羽先である。そしてレモン風味がさっぱりおいしい。これだけでビールがうまい。

DSC06052

DSC06053

また写真を取り損ねたがレバーペーストもクセが強すぎず食べやすい味で、お酒のつまみにどんどん食べてしまいそうだった。



そしてきたのがおまちかね、お店のイチオシでメイン料理でもあるランプ肉ステーキだ。

DSC06087

メニュー名・ビーフランプキャップは180g・230g・460gから量をセレクトすることができ、さらにカタマリでだすか切り分けてだすかも選ぶことができる。

DSC06071

1〜2人であれば180gもあれば充分だが、大人数ならやはり460gがガツンとくると大いに盛り上がる。
以下の写真は手前が230g、奥が460gでそのサイズの違いがよくわかると思う。

DSC06094

カタマリと切り分けたものをそれぞれ食べ比べてみると、カタマリを自分たちで切ったものはより肉々しさが感じられてご飯が食べたくなるガッツリ系、切り分けてもらったものはワインによくあうオトナな口当たりのオサレ系な味わいだった。「いやそんなの雰囲気だけでしょ?」というツッコミも甘んじて受け止めるがそうでなくて、本当にそんな味になるので試しに食べ比べてみるのも楽しいと思われる。

DSC06066

DSC06082

DSC06084

お肉につける調味料はお皿に1つついてくる和風なおろしソースのほか、テーブルに備え付けの岩塩と黒胡椒、またお好みでマスタードと色々な楽しみ方ができた。個人的にはやっぱり和風ソースが好きだ。お肉についてくるポテトをそのソースにひたして食べるのがこれまたたまらんのである。

DSC06086

DSC06124

DSC06080



もちろんこのランプ肉のほか、ハラミ、サーロイン、カイノミステーキも味わうことができる。カイノミが個人的好みNO.1だった。

DSC06117

DSC06116

さらにお肉のシメにかかせないのはご飯もの。ステーキとくればそのお肉の旨みをたっぷりすいこませた、そうガーリックチャーハン!これがおいしくないわけない。これがおいしくなかったらもう世の中なにも信じられない。

DSC06108

お肉の和風ソースのさっぱり感とチャーハンがまた最高。ああ、うまい…。


なんといってもうれしいのはドリンクの豊富さ。国産生ビールはもちろん、ヒューガルデンホワイトやバス ペールエールといったビール好きにも嬉しいランナップのほか、アサヒのブラックニッカを使ったランプキャップハイボールなんてのもある。ソフトドリンクの欄になぜかRedBullがあったのは気になるとこだが、皆さんよいオトナなので程よい節度で最大限に楽しむといいのではないだろうか。

DSC06098

DSC06062



最後の最後にデザート全種類ばばばっと。

DSC06123

季節のシャーベットに大人のティラミス、クレームブリュレに花火がささったポップアイスクリームの計4種。シャーベットはベリー系、ティラミスはあますぎず重すぎず軽すぎず食べやすく、クレームブリュレはプリンのようにしっかりとした食感で、アイスクリームは花火でテンションが上がること間違いなし。
と、どんな飲みのパターンにも対応できるすばらしいデザートの押さえ感だった。こんな多角的なデザートメニュー見たことないぜ…。


ここのお店のすごいところは最初のテーマどおり「どんなシチュエーションでも使いやすいお店」というところだ。飲みの幹事をやったことがある人、また1人飲みが好きな人にはとても共感してもらえるのではないかと思うが、お店選びというのはものすごく大変かつ気を使うものである。おいしいというのはもちろん、お店の空気感、値段、品揃えなど、偏っていると偏ったものが好きな人とでかけるときは楽しめるが、もちろんそういうときばかりでもない。

DSC06058

RUMP CAPはそのおいしさ、空気感、値段、品揃えがすべていい意味で幅広く対応できる満足感の高いお店だった。また神田という立地的にふらりと1人でも食べに来やすそうなので、1人飲みでも行ってみたい。



と、まぁそんないいお店が4月15日からオープンなのだが、オープンからの2日間限定でグランドメニューが全品半額というからまったくもって意味がわからない。普通にやすくてうまいのに。これ以上どうしろと。混むじゃん、それ混むじゃん!行きたいけど混むじゃん!とツッコミたいが、まぁ半額というおトクさに加えてドリンクやサイドメニューまで半額なのだからどんなに混んでても行って損はないだろう。

f:id:akuyan:20150415002317j:plain

また夜は難しいな〜という人も、なんとランチも2日間500円で提供されるというので、とりあえず行くしかないんじゃないだろうか。

DSC06127