読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

くちのなかでとろけてきえる馬肉専門店「ローストホース」に

[Review] おいしいご飯

1月某日、都内某所に集まり私たちはある店に向かおうとしていた。
馬肉専門店「ローストホース」に行くのだ。


このローストホースは渋谷にある「ロッキー馬力屋」で店長をしていた方が独立されてつくったお店で、ロッキーよりもさらに上の馬肉と石釜を使った料理が楽しめるのが特徴である。
そして今現在は、そのお店の出資をクラウドファンディングで参加した会員のみが予約できる制度で店舗情報は非公開になっている。

日本一の馬肉専門店で、石釜で焼いた最高のローストホースを食べさせたい! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)


お店の外観もわからないので、住所をたよりに店をさがす。
やっとみつけた扉には何の看板も出ていない…間違っていたらどうしよう…とおそるおそる扉をあけるとそこはおいしいものを食べる人の顔であふれていた。

Untitled


その日とおされたのは個室。予約した4名で席にむかって待ちつつ、メニューの説明を聞く。

コース6500円のうち、飲み物はメニュー内から飲み放題。あとちょっといいお酒が別料金で注文できる。料理はだまってまっていればおいしいものがどんどん運ばれてくるというので、飲み物を注文してじっと待つ。

Untitled


最初のメニューは肉吸い。西の地方ではメジャーらしいこのスープはお肉のうまみがたっぷりスープに入っていて、やはりいいお肉を使ったものとそうでないものではおいしさが段違いらしい。期待を裏切らないおいしさだった。

DSC00207



次に出てきたのは馬刺料理の盛り合わせ。上質がゆえに常温でとけてしまう脂身をもったお肉は冷凍された状態で、うにをのせたもの、かいのみ、馬刺握り、背脂と一緒になったもの。手元に用意された調味料をつけて食べる。

DSC00210

Untitled

どのお肉もまるで最初からくちのなかにあったみたいに、じゅわっときえた。おかしい。まだ食べてなかったのかもしれない。いやでもお皿にはもうない。おかわりしたい。そんなループを繰り返しながらあっという間にお肉はなくなった。



お次は馬肉のカルパッチョ。みるからに脂身がついているのにオリーブオイルがかかってる。くどくないんだろうか。

DSC00213

食べてみるとさっきの馬刺盛りとはまたちがい、しっかりした歯ごたえと脂身のおいしさ、なのにまったくくどくなくバクバク食べたくなるおいしさ。もうここらへんで充分会員になったことに満足していた。



しかし料理はまだまだつづく。
出てきたのはてんぷら。てんぷら?馬肉はもちろんのこと、お肉のてんぷらなんて食べたことない。

DSC00214

がぶりと噛み付くとうすい衣のなかからやわらかいお肉が飛び出してくる。これが和食懐石で出てきても到底落ち着いては食べられないだろう。



またロッキー馬力屋でも出てきていたユッケが、ここローストホースでも進化して出てきた。店長さんが料理がくるたびに説明をしてくれるのだが「最初にこの店で馬肉を食べるとほかのお店で食べられなくなるから気をつけて」といわれて、一緒にきた友人とまさかそんな、と話をしていたが、この馬肉のユッケにあっという間にトリコにされた。おそるべし。

DSC00215



ユッケに翻弄されていると出てきたのがおおきなエリンギ。
このエリンギは、クラウドファンディングで買った大きな石釜で焼いたもので、石釜のパワーを充分につたえられる食材らしい。たしかにきのこ類はじっくり焼くとどうしても水分がとんでしまうので小さくしわしわになってしまう。なのにこのエリンギは大きいままだ。

DSC00216

目の前でエリンギが切られていくのをじっとみる。なんというホクホク感…はやく食べたい。店長さんが部屋から退場するやいなや、みんなの手が一斉にのびる。食べた瞬間にエリンギのうまみがのった水分がじゅわっと出てくる。石釜最高。

DSC00217

DSC00218



続いての料理は…と胸を高鳴らせていたら出てきたのはアルミホイルだった。なんでも焼いてからちょっと時間を置いた方がおいしく食べられるらしい。なるほど。
そんなアルミホイルを巻いたお肉を目の前にお預けをくらいつつ、だされたおつけものをたべる。おいしい。

DSC00219

DSC00221

まだかなぁまだかなぁとそわそわして全く落ち着きがないのが悟られたのか、何度も様子を見に来てくれた。すみません。


そしていよいよその銀幕がはぎとられ出てきたのは…!!
おいしそうな肉のかたまり!!これ絶対うまいって食べなくてもわかるね!!

DSC00222

また目の前で切ってもらい、一目散に食べる。食べる。ううううまいいいいいいい。
ご飯、ご飯ほしい。のっけて馬肉丼にしたい。

Untitled



そしてまたさらにアルミホイルでまかれた謎の肉2が登場。このじらし上手め。
写真ではめんどくさいのでじらさないのでおいしいお肉の写真をご覧ください。

DSC00224

DSC00225



いよいよ最後のお肉が登場。謎の肉withアルミホイルparts3。
でてきたのは…これまでの赤身よりのものとはちがい、いいかんじにあぶらののってきらきら光るお肉。最高だ、今日のスターはきみだ。きみにきめた。

DSC00228

DSC00229

Untitled



そしてそのあぶらの感じをほどよくマッチングするおかゆ。

DSC00231



最後のデザートにまさかの石釜でつくった焼き芋!

DSC00232



馬力屋ロッキーにいったときに感じていた「馬肉おいしい!」がさらに上書きされて「馬肉最高!」に変わった日だった。また絶対いこう。

ロースト ホース | Facebook