読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

メルヘンちっくなアフタヌーンティーが楽しめる吉祥寺のカレルチャペックスウィーツに行ってきた話

[Review] アフタヌーンティー

アフタヌーンティー巡りが趣味です。なんていっても別に詳しいわけじゃないんですけど。しかもホテルの中のカフェに行くのが好きなので偏ってるんですけど。



そんな中で「気になるアフタヌーンティーのお店があるんだけど一緒に行かない?」とお誘いをうけて、吉祥寺にあるカレルチャペックスウィーツに行ってきました。



かわいいパッケージで有名な紅茶専門店「カレルチャペック」


紅茶好きにはなじみ深いカレルチャペックというお店は、味がおいしいのはもちろんのこと、かわいいパッケージで販売されていることでファンの多い紅茶専門店です。
店舗はいくつかあり、本店が吉祥寺にあります。カレルチャペックスウィーツはその本店の歩いて3分くらいのところにあるかわいらしい外観のお店です。

カレルチャペックスウィーツ
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005737/



事前に予約の電話を入れてみたところ、日曜・祝日は大勢の方が来られるため席の予約は受け付けていないとのこと。なので、アフタヌーンティーセットだけ人数分確保していただき、当日お店に行く10分前くらいに席状況確認のための電話をいれてくれれば席とっときます、とのことでした。
平日は席の予約も受け付けているようなので、時間があれば平日に行くのもよさそうかも。



なんて思っていたら当日は朝から春の嵐で、強めの風と雨が吹き荒れているような状態で、お店にラクラク入ることができました。



メルヘン要素満載のアフタヌーンティータイム


お店の外観はもちろんのこと、中もほんわかメルヘンでかわいいインテリアがいっぱい。



カレルチャペックスイーツで提供される料理はテーマが月ごとに変わり、3・4月のテーマは「うさぎたちのイースターティーパーティ」。それにあわせてお店もイースターエッグや、うさぎの小物がちょこちょこ飾ってありました。



席についたら、まずはアフタヌーンティーセットのドリンクをメニューの中から選びます。カレルチャペックの紅茶なので、どれも味は間違いなし。な、なやむ…ここは王道にカレルチャペックエブリデイを注文。



注文が終わるとウェルカムドリンクとしてガールズティーが。甘酸っぱくてすっきりしておいしい〜



ウェルカムドリンクを飲みほすころにやってきたのが、お待ちかねアフタヌーンティーセット(1,200円)!



テーマにあわせて作られた、うさぎのクッキーやアーモンドでできたイースターエッグがのっていてめちゃくちゃかわいい!



左上から桜のスコーンにエッグシュー、マドレーヌ。手前の小皿がベリージャムとクロテッドクリーム。茶色のうさぎがのっているのはキャロットケーキ、白いうさぎがのっているのはモンブランでした。
最初シュークリームかと思ったものは、実はサンドイッチのタマゴがはさんであるシューで、これが他の甘いものの箸休めにいいかんじにしょっぱくておいしかった…。



ティーポットがさめないようにかぶせられたティーコゼーもまたかわいかった。自分のは木馬で、友達のはチョコレートハウス。その他のお客さんのをのぞき見たかんじ他にも色んな種類があるっぽい。



オマケで季節限定の桜ダージリンのティーバッグもついてきました。



お茶好きとしては、せっかくなのでもう1種類…ということで追加でブリティッシュモーニングを注文。追加ポットは450円で頼めました。




またカレルチャペックスウィーツでは、アイシングクッキーや、カレルチャペックのオーナーが描いたかわいいイラストがプリントされたお皿に入れられたプリンが買えます。




カレルチャペック本店+絵本専門店



かわいさとおいしさを堪能した後、近くのカレルチャペック本店へ。
オーナーさんが描いた紅茶に関する絵本や食器などなど、他の店舗にはおいていないものもあるようです。



好きなティーバッグの詰め合わせが作れるコーナーもありました。プレゼントとか選ぶのめっちゃ楽しそう…。



カレルチャペック本店の奥側ではイラストレーターさんが個展をやっていたり、また絵本しかおいていないお店があったりと、イラスト好きの人はかなりうっかり長居してしまう場所です。危険です。



カレルチャペックファンの人も、またかわいいもの好きな人も、アフタヌーンティー好きな人にもおすすめです。
テーマが変わったらまた行かなければ…!