読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

秋を感じる琥珀ヱビスの楽しみ方をサッポロビールの人と語りあってきた

[Report] イベント参加

前回のプレミアムブラックヱビスに引き続き、今回は秋の定番・琥珀ヱビス缶が10月16日より限定発売ということで、またしてもAMNさんのブロガーイベントとしてヱビスビール記念館におじゃまして一足お先に琥珀ヱビスを堪能してきました。ふへへ。



何を隠そう、いや隠してはないのですが、自分は日本のビールの中で琥珀ヱビスが1番すきです。
その昔、ビールなんて苦くてのめん!と思ってた頃に行った恵比寿ガーデンプレイスで開催されていた麦酒祭のとき、初めて「ビールおいしい!」と感動したのが、この琥珀ヱビスなのです。



ビールというのはどこの会社のどこの商品も、つどつど商品改良を重ねてさらにおいしく変化していったりするものですが、この琥珀ヱビスは8年前に発売された当時のままの味で提供されています。それはなぜか。おいしいからです。おいしいからです!だいじなことなので2回。
なぜだか秋季限定販売の琥珀ヱビスは意外とまだのんだことないという人も多く、そのおいしさを知られていないようですんごいもったいないことこのうえない。赤のヱビスを見かけたら、とりあえず買いましょう。はい。
缶のデザインは基本赤ベースで、ほぼ毎年変えているそうで、今年はオサレにストライプ柄。かわいい。



今回のませていただいた琥珀ヱビスはつくったばかりの琥珀ヱビス缶からいただいたので、味がまた格別やばい。期間限定ビールのいいところって日付が基本どれも若いことだとおもうんだよね。余談だけど、今日の缶ビールおいしくない…とおもったら日付のせいもあるから、缶の後ろは要チェックやで。



前回同様、今回も三度つぎで缶からそそがれた琥珀ヱビスは泡もんまい。缶からそのまま飲むと、缶の中にはいった炭酸ガスも一緒にのんで味がちょっと苦くかんじちゃうから、なるべくグラスにそそいだ方がいいんだって。





そしてさらにご用意いただいたお料理と一緒に琥珀ヱビスを堪能。しあわせ。



本当はここで琥珀ヱビスと一番あう料理はコレだ!!!!!といえればいいのだけど、自分的には、琥珀ヱビスはそれだけでおいしいビールだよ!といいたい。
ビールって色んな種類があって、簡単にいうと居酒屋さんの「とりあえず生!」のビールと、ヱビスビールはもう全然別物で、楽しみ方もそれぞれ変えた方がおいしい。
「とりあえず生!」で頼むビールを三度つぎとかしてたらビールがぬるくなるわ炭酸ぬけるわ確実においしくなくなるのでやめた方がいいし、でも琥珀ヱビスみたいに味がしっかり、そのまま単体で味をたのしめるビールは、それのおいしさを引き出すために泡とビールがい〜かんじになると、たまらなくしあわせになれるよね、ということをサッポロビールの方と琥珀ヱビスを肴に語り合ってきました。
聞いた話でおもしろかったのは、とある北海道のご夫婦が、旦那さんの一缶目はヱビスビールで、二缶目からはドラフトワンにしてる話。奥様かしこい。それに旦那様が気づく日はくるのだろうか…。



さらに耳よりな情報を聞いたので、教えたくないけど自分が忘れそうなので書いておくと、琥珀ヱビスが1年中のめるうえに料理がおいしいお店じょーほー!!(パチパチ
もつ鍋「いずみ田 中目黒店」と、鉄板「鉄板鍋きのした 恵比寿はなれ」。「ここがまたビールもおいしいけど、料理がやばいんですよー!」ってすすめられるぐらいおいしいお店らしい。どっちも行きた過ぎてふるえる。(琥珀ヱビスに)あいたくてあいたくてふるえる(アル中じゃないほう)。


あと実はサッポロビール公式サイトにサッポロビール商品取扱店検索サービスがあんのだけど、これがまたサッポロビールさんが紹介してるだけあって、どこのお店もビールの品質管理がいいんだよねー。しかも好きなビールが確実にのめるから地味に重宝してたり。



とりあえず10月16日は琥珀ヱビスを買いに行かねば。


Fans:Fans