読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

月島にある「フクロウのみせ」で手乗りフクロウしてきた

[Report] おでかけ

月島といえばもんじゃで有名ですが、そんなもんじゃな街にフクロウをモフモフできるスポット「フクロウのみせ」があるというので行ってきました。




事前予約不可。当日に午前中から並ぶべし。


朝11時半くらいに月島駅に到着。駅の10番出口から斜め向かいに見えるスーパーの横にあります。徒歩3分たらずでお店に到着。



その時点ですでに3名の方(2人+1人)が並んでおり、2番目の方は前回午後に来たら入れなかったのでリベンジだったようです。
で、とりあえず並び始めると…だんだんと増えて行く行列の人…。




12時頃にお店の人が出勤してきて、13時頃から受付が始まりました。
人数と名前を伝えると「14時からの回になるので10分前くらいにお店の前にまた来てください」と言われました。
1時間交代制で大体6人ずつくらいで入れるようで、その日3人で向かったので、ちょうど最初の最初の回に入ることができました。営業時間が14時〜18時なことを考えると、5時間×6人で1日あたりの入場者数は30人くらいかなと。その日も13時の受付段階で並んでいた人たちで、その日分の入場受付は終了しちゃったようでした。
ただ受付が終わってしまっても、1人で行った場合で、その回(1時間毎)の枠が空いていたら入れるかもしれないとのことなので、そちらは運次第ということで。



行きたい方は14時か15時の回に入れれば、ちょうどもんじゃを焼きつつ食べつつ待つことができるので、がんばって12時くらいまでには並ぶことをオススメします。また先頭4人分くらいは椅子を貸していただけましたが、後ろの方になると日差し+立ちっぱなしとなるので、夏場は飲み物必須で並びましょう。




モフモフはやさしくソフトに。


もんじゃを軽く食べてから、14時にお店に。
扉をあけてカーテンをくぐると、そこはフクロウ天国…!!
あちらこちらに、かわいい色んな種類のフクロウが佇んでるじゃないですか…!!!



まずはカウンターで席に座り、フクロウと戯れる際の諸注意と飲み物の注文。



まだ人に慣れていないフクロウと、生まれたてのフクロウは見るだけで触れないのですが、ちょっと大きくなったヒナと、成鳥の大きなフクロウは触ったり手に乗せたりできます。
触るときは頭を毛の方向にやさしくなでるだけで、ソレ以外の部分をさわるのはフクロウがいやがるのでやめましょう。
あと写真は撮り放題だけど、フラッシュと動画撮影はNG。



そんな説明を聞いて、まずはさっそく撮影タイム。
デビューしたてのフクロウさんたちをパシャパシャ。
その中でもこの子がタカとフクロウのあいのこらしく、人気でとても希少らしいです。かっこかわいい。



そしてお次はちょっと大きくなったヒナたち。かーーーわいいいいいいい。
はふはふ。



ヒナはまだ落ち着きがないので手乗りはできないですが、触ってもOKとのことなのでナデナデ。ナデナデしてると目がとろんとしてくるんだよーかわいいよーおうちつれてかえりたいよー。



そしていよいよ手乗りに挑戦!お店の人からフクロウを預かって…手首あたりにちょこんと。かっ………………わいいいなああぁぁ!!!

最初に手乗りしたコノハズクくんはとても大人しくてかわいくて、かなり一緒に記念撮影しまくりました。きゃわわ。
コノハズクくんは、何か警戒するととてもほそーくなっちゃうようで、途中で他の人が見てた鷹の図鑑の写真をみて、めっちゃ細くなっててびっくりした。




お次の手乗り挑戦はメンフクロウのエリンギちゃん。なぜにエリンギかというと色が似てるかららしい。
この子はまだヒナから成鳥になったばっかりで、ところどころ毛が飛び出てるのがヒナのときの毛の残りなのだとか。まだうまく手乗りできないので、ファルコングローブを装着して手乗り。ここのフクロウは基本的にはみんなグローブつけなくても手乗りできるようにしているようですが、手乗りに慣れてない子はグローブつけるようです。



エリンギちゃんがヒナから成鳥になったばかりということもあって、飛びたがりで、途中頭の上に乗られるハプニングもありましたが、手乗りするときは足についた紐をしっかり持つようにしましょう。変に飛んじゃうと危ないのでしっかりね!



この子は大きいけどまだヒナのモリフクロウ。日本に昔からいるフクロウの1つ。ヒナの毛はみんなモコモコしてるので、なでると癒されます。モッフモフ。



最後に手乗りさせてもらったのがベンガルワシミミズク。かっこよすぎてホレボレ。お店のお兄さんもメロメロらしい。
もうオーラがね、でーんとね、かっこいい。オトナの風格だよね。うん。
他の2匹に比べて大きい子だったので、それなりに腕に重量がくるのでたぶん2〜3時間持ってたら次の日筋肉痛になるんじゃないかな…鍛えねば。


途中で、このお店でフクロウを買ったという親子の方が来店して、ファルコングローブ購入の相談をしていました。そう、このお店はただフクロウと戯れられるだけではなく、ちゃんとお店の人が、人に慣らして育てたフクロウが買えてしまうのです…!
フクロウを飼うには、お値段は種類によりまちまちですが20万くらいからで、エサは生の鶏肉やエサ用のラット、なるべく天井の高い部屋(フクロウが飛んだときに低いと頭をブツけてケガしてしまうので)があるといいということでした。サマージャンボがあたったら…飼いたい、な…。



間近でフクロウを堪能しまくっていると、あっという間に1時間が経っていて飲み物を全然のんでいなかったので最後に一気飲み。
売られているフクロウグッズをチラ見しつつ、名残惜しくもお店を後にしました。



お店自体も居心地がよく清潔感があり、お店の人がフクロウ大好きなのが伝わってくるのがまたよくて、ちょっとくらい入場しづらいのも、逆にフクロウのためにはいいのかもと思わせるステキなお店でした。近かったら通いつめたいです、本当。



あと今回撮影はスマホで行いましたが、コンデジはよいとして、大きい一眼カメラはもしかしたらやめておいた方がいいかもです。
フクロウはとても耳がよいとのことで、あんまり音の出ないものがよいのと、あんまり大きいものもってって怖がらせてしまってもよくないので、あくまで戯れるの前提に、ぜひ遊びに行ってみてください。