読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

LoveBeer?ヱビス プレミアムブラックをコーラの代わりにいかが?

[Report] イベント参加

あついですねー。ビールのんでますかー?そりゃのんでますよねー。
先日、AMN主催のブロガーイベントにて、恵比寿ガーデンプレイス内にあるヱビスビール記念館でヱビス プレミアムブラックを呑ませていただいてきました。



ヱビスビール記念館は恵比寿ガーデンプレイスの三越を通り抜けたところにあります。
恵比寿麦酒記念館の建設当初に来て以来だったので、館内のキレイさにびびりました。なにこれキレイ。そう、ヱビスビール記念館って2010年に恵比寿麦酒記念館からヱビスビール記念館にリニューアルしているのです。なのでむっちゃオサレなのです。一瞬ちがうとこ来たかと思ったよ…



イベント始まるまで時間があったので、館内のあちこちをウロウロ。そんなにめっちゃ広い!ってわけでもないはずなんですが、奥行きがあるというか、博物館みたいというか、雰囲気がオトナでドキドキします。



ここでしか売ってないヱビス様のお土産もほんとかわいいのばっかりなので必見。あとおつまみも必見。





イベントが始まって、まずは通常時にも開催されているヱビスビールツアーでヱビスビールの歴史を案内してもらいました。
ヱビスビールはサッポロビールの前身である、日本麦酒醸造會社が「まじうまい麦酒つくりたくね?」とドイツ人技師を呼び出して作っちゃった由緒正しい歴史あるビールなんだとか。名前も地名ありきではなく、実はヱビスビール(旧:恵比寿麦酒)の搬入出に使っていた専用の駅がある場所、ということで「恵比寿」という地名になったという、まさに歴史をつくったビールなわけです。よっえびすっ。



またサッポロビールが初めて日本でビアガーデン(現在の銀座ライオン)をつくったり、一時戦争のため恵比寿麦酒というブランドがなくなってからの復活劇をとげるまでのアレコレなどなど、1つのビールにまつわる色々な物語があり、もういっそ映画つくれるんじゃないかと思う程のドキュメンタリーあふれるツアーでした。
ここで全部説明しちゃうともったいないので、詳細はぜひツアーに参加して聞いてみてください。




さてさて、お待ちかねのヱビス プレミアムブラックの試飲ターイムーーーー!!!
生でのめる幸せ。きゅぴん。



呑みながらヱビス プレミアムブラックを作った方から、どういうコンセプトで作られたかの説明を聞きました。
今回のプレミアムブラックは、これまでのヱビスブラックと何が違うのかというと味はもちろんのこと「香り」と、それを引き立たせるための製造方法に大きな違いがあるのだとか。

はい、ここで問題です。黒ビールってどうやって黒になるのでしょうか!



………………………。


正解は、薫製にした麦でつくったのが黒ビールなのです。ベーコンとかね、薫製卵とかね、そんなかんじに麦を燻すのです。もくもく。
で、これまでの黒ビールの麦って何かしらの燃料を燃やして燻してたのですが…その燃料が、今回のこのプレミアムブラックでは、なんと!備長炭を使ってるのです!さすが安定の備長炭!



で、さらに。わりかし苦手な人が多い黒ビールの苦み。あれ苦いですよね…実は自分もあまり得意な苦みではないのですが、あの苦みはホップから引き出されている苦みでもあります。
ビール作りにはかかせないホップ。そこからステップアップにジャンプして、今回のプレムアムブラックは苦みをホップからではなく薫製によって麦から引き出すことによって、黒ビールとしてのおいしい苦みをそこなわず、それでいて呑みやすくておいしい黒ビールになっちゃってるわけです。あの苦みが苦手な人でもほんとスルスル呑みやすい苦さになっているので、これはちょっと他の黒ビールと呑み比べるとおもしろいとおもう。



さて、このちょっとぜいたく〜なびぃる〜のおいしい注ぎ方を教えてもらったのでサクッと3ステップで。

  1. コップのかなり上の方から大きく泡立つようにドバドバ7割くらいのとこまで入れる
  2. 泡が落ち着いて来たら、さっきよりも下の位置から細かく泡立つようにトパトパ9割くらいのとこまで入れる
  3. 泡とビールがちょうど3:7の比率になったところで、最後にトプトプちょっと注いで、泡がグラスのふちでふくらめば、出来上がり


まぁここまで毎回丁寧にいれる必要はないかもだけど、ビールは絶対グラスに注いで呑むのがいいです。缶のままよりグラスに注いで泡と一緒に呑むと、おいしさ3割増し。


そんなヱビス プレミアムブラックに合うおいしい料理は何かなーっということで、この日用意された料理の数々。
やっぱり定番のチーズとソーセージは外れないぴったり感。んまぁぁぁいっ



で、ここでやっとこ主題のお話をしたいわけなのですが。
黒ビールには味こゆいものが合う、というイメージがあると思うんです。黒ビール自体が濃いので、それに負けない味じゃないと合わない、みたいなね。
いやいやちょっと待ってください。
そりゃもちろん濃い×濃い同士もおいしいよ?おいしいんだけどさ、疲れるじゃん、食べてると。あきるじゃん、食べてると。


こう、なんていうか、あまいもの×しょっぱいもの×あまいもの×しょっぱいもの…みたいなのとか、つめたいもの×あったかいもの×つめたいもの×あったかいもの…みたいな抗えない食のループってあると思うんですよ。
それとまさしく同じで、黒ビールと濃いものを食べる時も、濃い×濃い…濃いなぁ…ちょっと違うの呑みたい…ってなって普通のビールいっちゃうんだよ!黒ビールから離脱しちゃうんですよ!離脱ポイントなんだよ!



なので個人的に絶賛オススメなのが「コーラの代わりに黒ビール!」です。
コーラっていうと、軽食にハンバーガー×コーラ、映画館でポップコーン×コーラ、なんて黄金の組み合わせがあると思うんですが、そこはそれ。オトナチョイスとしてはコーラじゃなくて黒ビールいってみませんか?
濃くて重いものとさっくりと軽いものの組み合わせは、食べ続けるとどっちも止まらなくなる、まさにベストマッチ。
そもそもコーラだって甘くて濃い重いものを、炭酸のシュワシュワ感を組み合わせることでヤメラレナイトマラナイ状態を作っている訳で、黒ビールも感覚的には一緒のシロモノなのですよ。違うのはアルコールが入ってるってことと、ビールは適度に呑むなら身体にいいってこと。
まぁもちろん昼間からビールはちょっと…というかんじだと思うので、昼はコーラ・夜は黒ビール。金曜ロードショーとか見ながら黒ビールとポップコーン。まじ最高です。



黒ビールが苦手な人でも呑みやすく、黒ビールが好きな人にはさらにおいしくなっちゃった、ヱビス プレミアムブラックをポップコーンと一緒にぜひどうぞ!


Fans:Fans