読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

渋谷「酒とさか菜」で日本酒とそれに合うおいしい料理が思い出すとおなかすく

近頃お酒がおいしく楽しく、のんべぇまっしぐらで、それに加えて周りのお友達もみんな酒飲みなので、おいしいお酒と料理と人のめぐりあわせに感謝する今日この頃。
おいしいものを食べるとき、一緒においしさを共有できる人がいるといいよね。



そんなおいしいもの好きなメンバー8人で、渋谷・神泉にある「酒とさか菜」に行ってきました。だってこんなにオススメされたら気になりすぎる…!!

日本酒はもちろん料理もうまい!! 渋谷で全力オススメのお店「酒とさか菜」 - カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2013/04/26/9038



こじんまりとしてのんびりとした心地よさで、おいしいものを堪能するには最高の雰囲気が漂う店内。
8人で予約して机席をきっちりと占領させていただきました。その他にカウンター席が4つ。確実に入るなら予約した方がよいかな。



席に座ってまず呑んだのは「すず音」シリーズから「花めくすず音」を一杯。



この「すず音」は、自分がまだあまり日本酒すきー!ってときでもない頃に、なんとなく呑んで「これほんと日本酒???」って思うくらいスッキリサッパリとした呑みやすいヤバいやつ。「花めくすず音」はデフォルトのより、さらにほんわりとした甘さがあってほわ〜っとするかんじ。口の中に花坂爺さん。
この他にも「すず音wabi」と「幸せの黄色いすず音」とあるようで、「花めく」は春ごろ、「幸せの黄色い」は秋ごろに呑める季節限定ものなんだって。秋になったらまた来なきゃ。
「wabi」はデフォルトのから更に呑みやすくライトな仕上がりになってるものらしいけど、人気でなかなか入ってきてないっぽいので、呑めるかどうかはめぐり合わせ次第ということで。


実は1人遅れてお店に着いたので、一緒に行った人たちの写真を見て「これ呑んでない…!食べてない…!」と地団太をふんでるところなので、今度またこっそり行こうとひっそり決めた。




ここからはおいしい料理と日本酒をどどどっとご紹介。


「これやばいから、まず食べて!とりあえず食べて!」と席についた瞬間に、周りからすすめられたウニ。そのままで食べるのはもちろんのこと、お醤油やらお塩やらつけて食べるとまた最高にんまい。全然ウニの苦手な部分がなくって、ウニだけどウニじゃなかった!



次に運ばれてきたのは生しらす。生しらす…!?
まさか渋谷でお会いできるなんて…しかもおいしいとか、ココって海近くにありましたっけ…。



一緒についてた生ノリがまたおいしくておいしくて、あのノリだけでご飯食べられる。むしろ食べたい。お茶碗持っていきたい。



のどぐろの干物。やだなにこれ見るからにおいしそう。
油がのってて皮のついたはじっこのところが、もう、ぎゅ〜って油したたり落ちるんだよ。
身より皮付近が好きな自分としてはマルマル一匹食べたいくらい。おかーさんごはん!!



とかなんとか食べてたら、「明酒」を頼んでる人がいたのでおすそ分けてもろた。おいしかったのに夢中であんまり聞いてなかったんだけど、これお店のオリジナルの日本酒らしいよ…!だからラベルのところに出資者のお客さんの名前がのってたり。これは載ってたらうれしいなぁ。



で、このお酒のタンク違いのものが「呑んでみたら面白いですよ」とのことで注いでもらっちゃいました。120号と121号。まぁいうても、そこまで思いっきりちがわないだろーと、あんま意識せず呑んだら全然ちがうし!なぜに!なぜに?個人的には120号のが好きかな。



そしてまたまた人様の頼んだものをちょっともらったのが「船中八策」。青い瓶がいいかんじにさわやか。しおっけのあるものに合わせて呑んだらぴったんこだった。



で、もらってばかりではなんなので頼んだのが「一ノ蔵」。これは最初に呑んだ「すず音」と同じ蔵のものらしい。基本的に日本酒は名前でなんとなく選ぶので、なんとなくで選んだお酒が同じ蔵だったのはなんとなくうれしい。
呑んだ感じ、最初の一口目は「すず音」とどことなく似てる気がするけど、やっぱり後味がちがって「あったまってきましたー!まだまだ行くぞー!」ってなるお酒。




写真をとりそこねたけど、おでんおいしかった。おでん。大根に味がしみしみてて、たまごと大根が味しみすぎてて見分けられないレベルだった。他の具もたべたい。うずうず。あとかわはぎのお刺身。かわはぎの肝をしょうゆとまぜて、ちょちょっとつけて食べる。うまー!はじめてたべたー!っていったら、おかみさんにあんた今まで何食べてたの!ってつっこまれた。まったくだ。



で、好きなもの頼め!といわれて頼んだ味噌漬けチーズ。チーズ大好きで、特になんちゃらチーズ漬け系とかときめきがとまらないので、見た瞬間に即注文。濃いいかんじでお酒の肴にバッチリ。これいつまででも食べられるやつや。




「ゲイカツまじうまいから頼もうぜ!」といわれて、そもそもゲイカツってなんだ、とおもったら。鯨のカツのことだったようです。ここの鯨は本当においしいと。そこまでいうなら鯨刺も食べたいよ!と思って、あわせて注文。抱き合わせ注文。
まずは鯨刺。実はあくやんさん、これまであんまりおいしい鯨刺と出会ったことなかったのですが、とてもイイ意味で期待を裏切られました。アイツ鯨のくせしてクチの中からあっという間にとけるようにいなくなるんだぜ…!



そんなおいしい刺身を食べて期待値MAXのなか登場したのがゲイカツ。おい、そこのゲイカツくん、コレいまかなりハードル高いぞ!と思いながら、お醤油をちょちょいとつけてもぐもぐ。おかーさん、おかわり!!!ちなみにお店のおかみさんは、お酒に詳しいめちゃくちゃきさくなよい方です。あんなオトナになりたい。




で、そんなおいしい料理にかこまれつつ、横にある日本酒が格納されている冷蔵庫の中に気になるラベルのものがあったので、店員のおねーさんに「あれ呑みたいですアレ」と注文。出てきたのがこちら「山卸廃止酛」。



注いでもらうときに「これヱヴァみたいなラベルでかっこいいですよね」って店員のおねーさんに言われた。なんて話のわかる人なんだ…!(たぶんその前にヱヴァ話で盛り上がってたの聞かれたせいもある)
そしてその流れで説明してもらったのが、この山卸廃止というのはお酒の造り方のことらしく、その造り方でつくられたお酒を「山廃」というのだって。だから他の蔵元さんの「山廃」もあるようなので、これはぜひ呑み比べしてみたい。

山廃仕込み
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BB%83%E4%BB%95%E8%BE%BC%E3%81%BF

さらにまた人様が頼んでいた「真澄」と「おんななかせ」を頂戴しつつ…



出てきたのは銀色の何か。なんだコイツ…



おそるおそる開けると、そこには…肉詰めしいたけが…!!!一気にお店の中がしいたけの香りでいっぱいに。しいたけのおいしいお店にわるいお店なんてない。ホクホクのしいたけに、肉汁たっぷりのお肉が、もーたまらんっっ



そしてそのいい香りただようなかに、また違ったこうばしい香りで運ばれてきたのが姫タケノコ。姫…!!
食べられそうになるくらいまで適当にむいてね、といわれてムキムキ。むいたそばから香るタケノコのいいにおい…思い出すだけでおなかすく…。



で、さらにさらに胃袋を刺激するニオイで運ばれてきたのがカレーうどん。ぐっ…なんだコイツ…胃袋に攻撃してきやがる…!
こってりしたピリ辛カレーに、しっかりもちもちしたうどん。みんな結構たべてるはずなのに、あっという間に完食ですよ。



最後の締めにはお茶漬けを。梅、鮭、明太、海苔とあり、さっきのしらすで海苔にメロメロしてた自分は海苔を注文。
その日食べたおいしいものを、ゆっくり思い出しながら最後に心おちつけるよいお茶漬けでした。酔っぱらいだけど。




ランチはやってないそうですが、夜に一人ご飯しにくる人もいるとのことなので、また絶対行こうと思います。書いてたらおなかすいた!



▼さらにおなかすいても大丈夫な人向け

渋谷で日本酒と料理が美味い「酒とさか菜」に行ってきた!
http://simplehack.net/meshilog/shibuya-sake-food-goodtaste-sakeandsakana/

おいしい日本酒と料理がたらふく堪能できる! 渋谷「酒とさか菜」で全力で食べまくったぞ!
http://nenza.net/2013/05/11289.html

渋谷にある「酒とさか菜」で美味しい日本酒、料理をたらふく堪能してきた
http://sakaki0214.hatenablog.jp/entry/2013/05/24/001734

渋谷・神泉「酒とさか菜」:日本酒を愛し日本酒に愛される店は食べ物も最高に美味しい
http://tamkaism.com/2013/05/sake-to-sakana/