読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

夏にオーロラが見られるカナダでファンタジー体験旅行がしたい!

オーロラっていうと寒い寒い南極までいって、毛皮のモコモコのコートを着て、こごえながら見るものだと諦めていた寒がりの自分に朗報です。



なんとカナダでオーロラがほぼ1年中見られるらしいんですよ!そう、夏でもね!
という噂の信憑性をたしかめるべく、カナダ大使館までいって夏のオーロラ鑑賞について聞いてきました。


Fans:Fans



カナダは行ったら確実にたのしい。らしい。



これまでに海外旅行はグアムと韓国という、どちらも日本語通じそうなところにしかいったことがないのですが、ちょっとどこか思いっきりロンリージャパニーズを味わえそうな国にも行ってみたいなと思ってたりしてるわけでして。
そんな自分の気持ちを知ってか知らずか、カナダ大使館の人いはく、カナダは海外旅行の中で満足度No.1なんですって。行ったら90%以上の人がマジヨカッタYO!と声をそろえていうらしいです。わーいきたい。



なんとなくカナダってアメリカの近くだから(ヘタリア知識)英語がわかればなんとかなるのかな(※英語できません)と思ってたのですが、よくよく聞いてみると、英語とフランス語がメインらしいですよ。オサレー。そんなもので、カナダ大使館の文字も英語とフランス語が使われてました。英語ができなくてもフランス語ができればバッチリ旅行できますね!(※フランス語わかりません)




カナダはオーロラベルトの真上にあるとか


さて。メインのオーロラ話です。



オーロラって極寒のところでないと見られない!というのはうっかり勘違いだそうで、気象条件(プラズマがなんたらかんたら)がそろえば見られる自然現象だそうです。
で、オーロラを一番観測しやすいのがオーロラベルトと呼ばれる位置にある場所なんですが、なんとオドロキなことに、カナダは国のほとんどが、そのオーロラベルトの上にいるので、広いカナダのどこに行っても、ほぼほぼオーロラを見られるらしいのです。3日間いれば90%の確立で見られると。カナダの人は一体生まれてからどれだけのオーロラを見てるんだろうか…



オーロラっていうと、帯状のカーテンみたいなひらひらしたのを思い浮かべるところですが、そこへカナダ大使館の人がドヤ顔で披露してくれたのがこれらの写真。





なんだこれ…本当に地球か…


このまるで異世界への入口かのようなオーロラはオーロラ爆発といわれている、オーロラの中でも珍しい現象のようです。オーロラの色は基本的にプラズマさんに左右されるので、よく見られるのは緑系、赤系みられたらラッキー!らしいですよ。




まるで絵に描いたみたいな風景をカナダに見に行こう


カナダっていわれても正直何があるのかさっぱり知らなかったけど、オーロラ見えるなら他に何もなくてもいいよ!という気分になりました。だって寒すぎないとこでオーロラ見られるなんて思ってなかったし!
でもその考えもどうやらまだ甘かったようで…オーロラなんて1コンテンツ、いやオマケみたいなもので、もっとこの世のものとは思えないココドコ!?と思ってしまうすごい風景がたくさんカナダにはあるようなんですね。



いくつか紹介された中でも自分が気になったのは、カナダ・アルバータ州。



アルバータ州にはたくさんの世界遺産があり、カナディアンロッキー山脈をはじめ、ウッド・バッファロー国立公園や州立恐竜自然公園など、まるでファンタジーの世界にまぎれこんだかのような自然や生き物が見られるんですよ。ファンタジー好きにはマジたまりません。生で見たら泣きそう。




オーロラからファンタジーの世界にのみこまれて、カナダにあふれる絵に描いたような風景をめいっぱい堪能しに行ってみたいです。1ヶ月くらい。