読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

ティム・バートン作品が生で見られる「フランケンウィニー アート展」

[Report] おでかけ

お化け屋敷はきらいだけど、おばけは大好きあくやんです。
ティム・バートン監督といえば、実写映画「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」「スゥイーニー・トッド」だったり、アニメーションでは「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「コープスブライド」などなどの、ちょっと不思議こわいかわいい作品を世に出している方ですが、最新作「フランケンウィニー」の公開を記念して、ビックロ新宿店で作品の展示会があるというので、さっそく見に行ってきました。


フランケンウィニー
http://www.disney.co.jp/movies/frankenweenie/


そもそもビックロに行くこと自体が初めてだったんですが、未だに何故に服と家電がコラボったのかは理解できていません。まぁ理解できなくても困ることはないのでそこはスルーします。


大きい道路に面した方のビルの入口にババーンと光る電光掲示板。




入口はいったところに見つけたガチャガチャ。さっそく1個やってみる。




しかし全然展示会やってる雰囲気がない…場所はあってるはず…と思って店員さんに聞いたら「ユニクロのはじっこにあります」とのこと。というわけでユニクロをつっきってビルのはじっこの方へ。
そこで展示会会場はっけーん!なんかめっちゃグッズおいてある!!!



どうやら正面入口とは反対側にある入口から入ると、ちょうど展示会会場がすぐ目の前に!みたいなかんじらしいです。なので展示会目当ての人は裏口から入ることをおすすめします。



てっきりお金とられるものだと思ってたら入場無料。ビックロさんてばふとっぱらーと思いながら通路を進むと、そこにはフランケンウィニーで使われた舞台セットが…!!!



この細かさとか作りとかやばいやばいかわいい部屋に飾りたい!!



しかも12月15日から公開されているフランケンウィニーは白黒映画なので、カラーでアイテムを見られるのはココだけ!ココだけですよ!



基本は白黒映画なので、色味もわりとモノトーンですが、お花はやっぱりちゃんとカラフルだったり。



1番大きな展示では主人公ヴィクターが愛犬スパーキーを蘇らせる名シーンを、実際に電気のスイッチオン・オフにして楽しめたりしてテンションあがりまくり。




そしてちゃんとユニクロらしく、コラボTシャツもいっぱいでてます。これがまた全部かわいいんだなー!と、おもったら、なんとQ-pot.デザインらしいですよ奥さん。そりゃかわいいはずだわさ。入場料がかからない分、うっかりこっちたくさん買い込みそうになります。




グッズとかもいっぱいあって、何買おうかめっちゃ悩むんですが、オススメはガチャガチャです。
一番最初に買って、うっかり忘れて家に帰って開けてみたら、めさめさかわいいスパーキーが!!
展示会みたあとに「ちっちゃいフィギュアほしいなー」とかブツブツいいながらグッズコーナーを見ててピンとくるものがなくてしょんぼりしてたけど、あったよここに。ガチャガチャすばらしい!




これは明日公開の映画を見てから、もう1回みにいくしかない。あとガチャガチャもやるしかない。
展示会は12月23日までで、平日でも22時までやっているようです。会社帰りに映画見て、そのまま行っちゃうのもいいかもしれませんね。

『フランケンウィニー アート展』、バートン監督も来場 12月4-23日
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_98680