読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

お金や年金事情について知る「日興AMファンドアカデミー夜話会」に参加しました

[Report] イベント参加

お金ほしいですねー。お金はいくらあっても足りないですね。
もちろん今使うお金も大事なんですが、将来的に必要になるお金っていうのもものすごーく大事なんじゃないかと思ってまして。



いやほら、直近でお金イベントが発生するとしたら(予定ないけど)結婚とか、(予定ないけど)子育てとかあるし。
あと我が家は親の介護は100%子供は請け負わずにお金だけ出して、なんらかのサービスを使うことに決定してるので、そうなると介護で使うお金も入用になるし。
そしてそもそも自分の老後はどうなるのやらって感じですよね。


とか考えると、このままちゃらんぽらんに生きてて平気なのかな…と漠然とした不安があったりしたので、お金のことを考えるいい機会だと思って「日興AMファンドアカデミー夜話会」に参加してきました。


自分がどれくらい年金が「もらえないか」知る


ちょっと遅れて着いたのですが、もらった資料を見るかんじとりあえず最初の話は「年金」。
まぁもうさんざん言われているので、今更あんまり年金もらえるとかは期待していなかったんですよね。
でも具体的にどれだけ「もらえないのか」を聞かされると、なんだかしょんぼりします。


一般的なサラリーマン世帯の夫婦2人が、仕事定年後に生活するのに必要だと言われているお金が月約37万。
自分たちの世代の頃には年金受給年齢が70歳まで引き上げられてる可能性が少なくないので60〜69にかけて何もないことになっちゃいかねないし、さらにどんどん受給額も下がりそうとのことなので、のんびり快適な老後生活をエンジョイするには年金だけでは足らないですね。



まぁなんでこんなにもらえなさげかというと、様々な要因があるらしいのですが、1つはやっぱり少子化。
年金制度のピーク時(一番余裕があった時期)は、年金受給者1人につき3人の人がその年金を支えてた計算らしいのですが、今は1人につき12人で支えてる状態だとか。一体どこのお神輿だ。


そしてもう1つ年金がもらえないポイントなのは「マクロ経済スライド」という制度。
年金ってそもそもこれまでは経済の状況によってもらえる額が増減するものだったらしいんですよ。
それを「物価スライド制」というらしいのですが、実はそれ一時期ちっとも機能していなかったようで、物価がガンガン下がっているのに、年金受給額を下げてなかったようなんです。そりゃー足りなくなっちゃいますね。
そんで出てきたのが「マクロ経済スライド制」。これが具体的にどんな制度かというと、計算式としてはこんなかんじになります。


年金加入者の減少分(0.6%)+平均寿命の延び(0.3%)=0.9%を物価上昇分から調整


今までは物価と比例していた年金が、どちらかというと基本的には「もらえない」方向に常に調整され続けるようになるというわけですね。こりゃーもらえませんね。



年金もらえるようにするにはどうするのか


まぁしょんぼりしたままではしょうがないので、現実的にどうしたらいいか考えます。
とは言っても、年金制度が崩壊したら意味がないので、制度を保つために考えられる方法は5つ。

  • 年金を減らす
    • 減らすことで細く長く続けていく戦法です。ただでさえ少ないのに余計に少なくなっちゃいます。
  • 徴収分を増やす
    • 今働くと天引きされる「年金」の項目の額を増やす。これは簡単だけど、引かれる方にとっちゃキツイ話ですよね。
  • 子供を増やす
    • これまた根本的な話で「払い手」を増やす施策です。まぁそんなぽんぽん生まれたら誰も苦労しません。
  • 昔の貯金から運用する
    • 今の年金って実は昔がんばった分の貯金を切り崩して運用している状態なんだとか。だからそれでもうちょいがんばれなくもないかなーというところだけど、それもいつまでも続かないですね。
  • 新しい税金を増やす
    • 一番今わかりやすいところだと、消費税を増やすとかですね。まぁそりゃそうだけど、なんだかなって話で微妙ですね。


というわけで結論としては何かというと「自分でがんばれ」なんです。
もう年金とかあてにしちゃあかん!ってお話です。


自分の将来のためにどうしておくといいのか


ここで教えられた方法は2つ。「銀行の預金でお金を増やす」か「余剰分のお金で投資して増やすか」です。
ただ、いま皆さんご存知の通り銀行の金利なんて微々たるものすぎて、さっぱり増えません。
でも投資って言われると、なんだかよくわからなすぎてハードル高い。
若いうちに投資やっといた方がいいよ!って言われて、色々見たりしてみたんですが、どうにもわからなすぎて迷子状態…



そこで今回オススメされたのが「投資信託」。投資信託っていうのは自分のお金を投資のプロに任せて、お金を運用してもらう感じらしいです。
プロの人がやってくれるなら、全然ラクでいいなーと思ったり。もちろんお金が減っちゃうリスクはそのままですが。
投資のポイントは「減ったり増えたりしても気にしないこと」なんだそうです。
目標の時期までに、目標の金額がありさえすればいいので、気にせずゆるゆる続けるのがいいのだとか。そういうのなら得意だな!
日興AMの公式サイトに投資のシミュレーションゲームがあるので、それでちょっと試してみるのも面白いです。だって資金10億だよ、10億!(シミュレーションです


あと、ここではオススメされなかったんですが、個人的には素直に「貯金」もありだと思うんですね。
だって1番堅実的でないですか?
もし自分で貯金する意志がくじけちゃいそうなら、口座をいくつかもって、自動的に毎月いくら振り込まれるようにするとか、年金保険取り扱ってるところと契約するとか。



なので1番の理想は、ちゃんと貯金しつつ、余裕がちょっとあったら社会勉強のためにも投資にお金まわしてみるって感じかなーと。
普段なかなか真面目にお金のこととか考えないので、ほんのり考えるいいきっかけになってよかったです。
これからも気をゆるめすぎずに、適当にゆるくお金のこと考えていければいいなーと思います。



Fans:Fans