読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

硬派な彼に胸きゅん!ThinkPad T420sとお付き合いするまでの馴れ初め

[Review] デバイス

春ですね。
なんて、私にも新しい春がやってきました。
こちらの彼と真剣なお付き合いをさせていただくことになりました。



せっかくなので、ThinkPad T420sとお付き合いさせていただくことになるまでの馴れ初めを書かせてもらおうかなとか思います。



今をときめくアイドルMacとの対面


ちょっとそろそろ真剣に将来を見据えたお付き合いが必要かなって思い始めたのがきっかけだったんです。
まぁ正直なとこ今のデスクトップな彼ともちょっと潮時かな…っていうのもあったんですけど。


それで周りにどうしようかなって相談したら、みんな「今付き合うなら彼しかいないよ!」っていうんですよね。そう、今をときめくアイドルMacです。



これまでにお付き合いした人がみんなWindowsな人で、Macな方とお付き合いした経験ってなかったんですけど、でもこれだけいい評判ばかり聞いてると、やっぱり気になっちゃうじゃないですか。
だから私でも付き合えるかなって思って、ちょっと彼にアプローチかけてみようかな、なんて思ってたところに…なんとお仕事でご一緒させていただくことになったんです。


まさか仕事でご一緒するとは思ってなくて、最初は不慣れな私のせいで打ち間違えなんて簡単なミスも多かったんですけど、そういうのもだんだんと減ってきて彼との仕事にも慣れてきた最近。
彼は確かにみんなに慕われるだけあって、アイドル性抜群でかっこいいんですよ。実力もありますし。
ただ…なんていうか…私とは合わないんですよね。文化が違うっていうんでしょうか。
たぶん仕事し始めの頃に彼と出会っていたら、彼のその素晴らしさから目が離せなくなってたんだと思います。
でも今の私じゃ彼とはちょっとやっていけないなって感じました。


たとえば私オンラインゲームで遊んだりするんですけど、彼はあんまりそういうの好きじゃないみたいで…
あと、私たまにちょっと趣味で落書きしたりするんですけど、そのときにSAIを使うんですね。
でもそれを彼が受け入れられないみたいで…そこらへんが彼とやっていけない決定的な違いかなって。
ちょっとがんばってもらえば彼にもそういうの受け入れてもらえたと思うんですけど、でもそこまでして彼と付き合いたいとも思えなかったので、まぁいいお友達でいようってことになりました。



最先端を行くノリのいいUltrabook


「あ、この人いいかも?」って気になったのは、最近よく特集とか組まれたりして注目を集めてるUltraboookでした。
やっぱりある程度ノリのよさっていうか、フットワークがいい人がいいなって思ってて。
最近あちこちでかけることが多くなったんですけど、でもやっぱり付き合ってる彼とはなるべく一緒に居たいじゃないですか。
そうしたら、そういうとこに一緒に行ける人だったらいいなぁ、なんて。


そう考えるとノリのいい彼らみたいな人ってものすごくいいんじゃないかなーって思ったんですよ。
そんな彼らの中でも特に私が気になってたのはこちらの方々。

  • ZENBOOK UX31

まず彼が気になった理由は何よりも視野の広さ。
スマートな身のこなしでありつつも、1600×900という画面解像度。
デザイン的な作業を一緒にやってもらいたいなぁと思っていて、そうなるとやっぱりある程度の視野の広さがある人の方がいいなぁと。
でもUltarbookって、そのフットワークのよさからか、そういうのちょっと物足りない人が多かったので、このZENBOOK UX31は貴重な存在だったんです。



ただ…なぜ彼ではダメだったかというと……彼…実はメモリが4Gまでなんです…!
も、もちろん4Gがダメってことじゃないんですよ!ただ、私の場合、ちょっと物足りないってだけで…

  • HP ENVY14 SPECTRE

そういうわけで、もうちょっとメモリが大きい人がいいなーって思ったんですけど、Ultrabookって基本的に4Gみたいなんですよね。
でもちょっとがんばってもらえれば、それ以上にもなる人もいるって聞いて、そこから出会ったのがこの彼。
これから出てくる期待のHP期待の新星。
まずその見た目の格好よさにホレボレしますよねぇ。見てくださいよ、この美しさ!一目見た瞬間に格好いい!って叫んじゃいましたw



もうこの人しかいないんじゃないかなってくらいに、私結構彼に惹かれ始めてたんです。
でも、そのとき私あることに気づいてしまったんです…彼には大事な大事なアレがないってことに…
そう、それは…グラフィックボード。
よく考えれば分かることだったんですよね。気づかない私がバカだったんだってわかってます。
彼は悪くないんです、本当に。ただ、私がグラフィックボードがないっていうことがダメだったってだけで…。

  • VAIO Zシリーズ

グラフィックボードがないってことは、要するに他の部分がいくら素敵であっても、それだけでデザイン的なこととかゲーム的なことの負担が大きくなってしまうんです。
もうそれは私からしてみてもどうしようもないというか、ない人とは遊びでは付き合えても本気でお付き合いするのは難しい感じなんですよね。


でもそうはいっても何度もいうようですが、そのUltrabookのフットワークのよさを活かすためにもグラフィックボードを内臓するしかないってことはわかるので、それなら…と、オン/オフの切り替えが抜群な彼に注目しました。SONYの方とは他の方面でも色々と仲良くさせてもらってますから。
厳密にいうと彼Ultrabookではなくモバイルパソコンなんですが、まぁノリのよさや実力を考えると全然なくはなはないんじゃないかなって思いまして。



ただやっぱりSONYの方だけあって、お付き合いするにもそれなりに初期費用が必要になるというか…
私の身の丈にはちょっとあわないんじゃないかなという不安がなくもなかったり…



そしてThinkPadとの運命の出会い


もう私の理想にぴったりあう人なんていないんじゃないかな…って諦めかけたそんなある日。
ふとなんとなく目にとまったのがLenoboのページ。
ThinkPadのことはもちろん知ってたんですよ。色々なとこで会ってますからね。
ただなんというか、あんまり深く知ろうとしてなかったというか、その外見にあんまり惹かれるものがなかったのでスルーしていたというのが正直なところです。ごめんなさい。


でも改めて彼と向き合って、彼の中身を見てみたら…なんと私の理想にピッタリだったんです!
ほとんどもう諦めかけていた私にとって彼、ThinkPad T420sはまさに救世主のようでした。
8Gのメモリ、高性能なグラフィックボード、フットワークのよさ…何から何まで私の理想通りです。
もう、そうとわかった瞬間に彼に申し込んで、じらされてじらされて…つい昨日からやっと、正式にお付き合いさせていただくことになりました。




この人しかいない!と思って衝動的に申し込んじゃいましたが、まだ彼のこと分かってないところもたくさんあると思います。
でもこれから来る困難も彼と一緒に末永く乗り越えていけるといいなーなんて。