読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

熊本の草食男子はとってもおいしいよ!

熊本の草食男子をおいしくいただいちゃおうということで、熊本県が主催する「阿蘇草原女子会ツアー」に参加してきました。



はじけるようなお肌と、熊本の草原をかけまわる筋肉。
都会の草食男子とはやはり鮮度がちがいますね。
今回参加した肉食女子でおいしくいただいちゃったのは、阿蘇の草原になくてはならない存在の「赤牛」さん。



決して婚活ツアーなわけではありません。



赤牛さんってどなた?


熊本といえば自分の少ない知識量では「馬肉?」くらいしか思い浮かばなかったのですが、馬肉に引けを取らない熊本の名産品として赤牛というステキな草食男子(女子もいるよ)がいるのだとか。


さてこの赤牛ですが、ただおいしいだけではなく阿蘇の草原を守る大事な大事な存在でもあります。


阿蘇の山々に広がる雄大な草原。
それらは管理しなければいつしか森になっていきます。
まぁそれなら別に自然がなくなるわけでもないし特に問題ないんじゃない?


いえいえ、草原が草原でなくなっちゃうと実は大変なんです。
世界の中で阿蘇の草原にしか生息しない植物や生き物がいたり、水が豊かな熊本の水がめの役割をはたしていたりと、まぁ要するになくなると大変なので守らないといけないんです!



その草原を守るために私たちにできること…それは…
「赤牛を食べること」



▼赤牛を食べることで草原が守られるステキサイクル

  1. 赤牛を食べる
  2. 赤牛人気!
  3. 需要がいっぱいあるからいっぱい牛育てなきゃ!
  4. 赤牛大量発生
  5. 草原の草を赤牛が食べたり、歩きまわって土をたがやす
  6. 草原が守られる


もうそれなら得意分野ですよね、どんとこいです。
でも実は草原に放牧していい牛はメスと仔牛だけでオスは草原行っちゃダメなんですね。
なぜダメなのかはオトナの理由なので察してあげてください。


それはともかく食べちゃうよ!


そんな説明はこれからいただくおいしいおいしい赤牛の前菜であって、これからがいよいよメインディッシュのおでましです。


熊本についてからバスで移動。
途中道の駅にある赤牛専門店に寄り、お肉をゲットして、いざバーベキュー会場へ。



バーベキューの会場となったのは、あの映画「黄泉がえり」のラストシーンで柴咲コウさんがライブをした野外劇場アスペクタ。



雄大な阿蘇の山々をバックにしてそびえ立つ、真っ白で大きなステージ。
そして待ち構えるバーベキューセット。
景色を楽しむのもそこそこに、みんなバーベキューの前へと一目散。



ばっばーん、と段ボールから飛び出したのは見るからにおいしそうな赤牛のお肉。むらがる肉食女子。



さっそくお肉をバーベキューの上で焼き焼き。
女子会だとこういう時みんな手際いいわうまいわ。女子会最高です、ふふふ。




阿蘇の温泉でまったり


おなかいっぱいになったところで、次のお楽しみは温泉。
腹ごなしにアスペクタからホテルまで歩きます。



何気に山道が辛かったけど、景色のよさは抜群でした。





本日のお宿はホテルグリーンピア南阿蘇。
ちょうど宿泊日がひな祭りだったこともあって、ロビーには豪華なお雛様が。



ホテルグリーンピア南阿蘇
http://hgp-minamiaso.com/


3人1部屋にわかれて、夕飯までフリータイム。
山の中腹にあるだけあって、窓からの眺めが最高です。



夕飯までなかなか時間があくので、部屋のみんなと一緒に温泉に。


大浴場はわりとキレイで好印象。
露天風呂からは阿蘇の山々が見えて雄大な気分を楽しめちゃいます。



まったりと温泉で疲れを癒して、ちょっと休憩(もとい昼寝)。



熊本のアイドルといえば


夕飯が残念ながら寝起きのせいもあって、あんまり食べられなかったというか、あきらかに量が多かったのですが、ヨーグルトがおいしかった。本当においしかった。



そして夕飯はご飯だけで終了ではなく…
今回のツアーのために特別に用意していただいた「焼酎バー」へ。
熊本で作られている焼酎をかき集めてくださったカラーズトラベルの方には本当に感謝です。



ホテルの一角を貸し切って、女子だらけの焼酎会を楽しんでいると…



黒くて丸っこいものが突如目の前に…!!!



そう、熊本のアイドル「くまモン」が、なんと会いに来てくれたんです!
しかもお代官様の恰好で!
もう女子オールスタンディングで撮影会。



くまモンのテーマソング「くまもとサプライズ」の踊りを教えてくれつつ踊ってくれて、そのかわいさに全員ハートを撃ち抜かれました。
いやだって本当、生モノやばいよかわいいよ!!!



その後お雛様の飾りを配られた女子と、お代官様の恰好をしたくまモンとでツーショット記念撮影会。
最後の最後までかわいさたっぷりで、本当ゆるキャラ日本一のアイドルは半端なかったです。






くまモンオフィシャルサイト
http://kumamon-official.jp/

自然のすごさを体感


次の日、ホテルのものすごく豪華でおいしい朝食バイキングを食べながら聞いたのは、野焼中止のお知らせ…
そう、今回のツアーのメイン企画でもあった草原の野焼き見学が、生憎の天気で見られなくなってしまいました…残念。




野焼きがどんなものか気になる方は、熊本のサイトで野焼きの動画が見られるので、そちらを見てみてください。
でもいつか本当の野焼きを見にリベンジしたい…!

気になる!くまもと
http://www.kininaru-k.jp/2011/kankou/120216.html


そんなこんなで予定をもろもろ切り上げて、西巌殿寺奥之院と阿蘇中岳火口に向かうことになりました。




一晩お世話になったホテルに別れを告げて、バスで阿蘇山を上っていきます。が。
ものっすごい霧。一寸先が見えないってこのことなんだなーと自然のすごさにドキドキ。
だって道路とか対向車まったく見えないんですよ!こわいーーっ



まぁ、そんな霧っぷりでロープーウェイが動かせるわけもなく…
残念ながら火口も見られなかったのですが、とりあえずお寺でお参りを。
あんな霧だらけの中を歩いたのは初めてで、マイナスイオンあびまくりでお肌にめちゃくちゃよさそうなんですが、寒かったです。すごく。




水の町・熊本


霧の中から抜け出して、やってきたのは阿蘇神社。
縁結びの「高砂の松」をみんなでぐるぐる周って、阿蘇神社の目の前の水基通りでお昼ごはん。



熊本名物のだご汁と大きいお稲荷さん。
いただいたお店はお食事処「はなびし」。



郷土料理 お食事処 はなびし
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43000977/


ご飯を食べているときに、近くにかわいい雑貨屋さんがあるよ、という話を聞き連れて行ってもらうことに。



水基通りをぬけて、ちょっと歩いてった先にあったのは「etu」。
もうお店に近づく前にそのかわいさがあふれ出てます。これは中に入ったらきっとやばいと確信しました。



どうですか、このヤバさ!






なぜ自分の家の近くにこのお店ないんだ…支店はないのか…!と苦悩しながら見てました。
しかしかわいいものだらけです。熊本に行った際はぜひ。



熊本カフェ情報サイト・くまカフェ「etu」
http://www.kumacafe.com/aso/etu.php

そんなこんなで自由時間が終わりそうなので、バスガイドさんおすすめの「たのシュー」と「馬ロッケ」をゲットしつつ、あわててバスへ帰還。




馬ロッケは熊本名物の馬肉が入ったコロッケです。
注文してから揚げてくれるので、いつでも揚げたてが食べられます。
わりと混んでいるので、先に頼んでからゆっくりお店の中を見ましょう。

阿蘇 とり宮
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43000629/


たのシューは今まで食べたシュークリームの中で1番おいしかったと断言できます。
あんなおいしいシュークリームがあったなんて…!
たぶん一番違うのは中のクリームだと思うんですけど、あれは食べて損はないです。
ああ…思い出したら食べたくなってきた…っ

お菓子工房 たのや
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4302/A430201/43005490/

いざ熊本城へ


本来はツアーには含まれてなかったのですが、時間に余裕ができたということで熊本城に観光に行くことに。


実はお城系をちゃんと観光するのは初めてです。
過去に大阪城を遠くから眺めるだけ、名古屋城の目の前に行って引き返して喫茶マウンテンに行く、というようなことがあったので、もう自分はお城には縁がないのかもしれないと思っていたので行けてよかったです。



天守閣からの眺めを堪能したり、御殿を見学したりしたけど、たぶん一番見て面白かったのは熊本城の人たちです。
何人か当時の恰好のコスプレしてる係りの人がいたんですが、どうやら顔の見えるコスプレ系はイケメンさんばかりのようです。



女子高生に大人気でした。




最後に城彩苑でガッツリお土産を購入。
焼酎バーのときにおつまみで出してもらった山うに豆腐がめちゃくちゃおいしかったので、バッチリ買いました。
これだけでご飯食べられます。




また来るよ熊本!


そんなこんなで女子会ツアーが終了。
熊本のおいしいもの、楽しいところ、アイドルを余すとこなく堪能させていただきました。


また個人的に行き帰りで乗ったソラシドエアーが、機体も機内もかわいくてときめきました。
九州行きのみの運行らしいですが、九州方面へ行くときは、またぜひ乗りたいです。




阿蘇は季節によって色がまったく変わるそうなので、それをぜひ見に行きたいなぁと思います。