読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

5500m空中から落ちてきました〜スカイダイビング体験〜

なんとかと煙は高いところが好きというご多聞にもれず
自分も高いとこ大好きです。
ひゃっほーい!



そんでついにスカイをダイビングしてきました。
重力に抗わないってサイコー!



スカイダイビングやりに行くまで


そもそもなぜにいきなりスカイダイビングったかというと、
特に何がアレでコレだったからってこともないんです。
昔から高層階から外を見てると
「これくらいの高さなら飛び降りてもなんとかなるんじゃないか」
と漠然と思ってて、それを言ったらみんなにドン引きされました。
あ、でも絶叫系は苦手です。


ただいつかやってみたい、という話を親に話したら、
偶然にも親の知り合いにスカイダイバーがいるというので
さっそく「スカイダイビングるにはどうすればいいか」を聞いてもらったんです。


そしたら「今度やるから一緒に行く?」と
トントン拍子に行くことが決まりました。
わくわく!



舞台は栃木。
藤岡スカイダイビングクラブ」さんのところに
お世話になりにいきました。




スカイダイビングのお値段とか


まぁぶっちゃけいって安くはないです。
おいしいお食事が数回食べにいけるくらいのお値段はします。


スカイダイビング1回の飛行につき、
国内で初心者が飛ぶ値段の平均は3万くらいのようです。
なぜにこんなにかかるのよ!お財布が泣いちゃうよ!と
思わなくもないですが、聞いてみると話は簡単で
半分くらいは燃料費です。



1人がヘリに1回乗るのに6500円。
初心者は1人では飛べないのでインストラクターさんが
背中にくっついて飛んでくれる「タンデム」という方式で飛びます。
そのため付き添ってくれるインストラクターさんと
ヘリのパイロットさんと自分の燃料ですでに19500円。
もし1人で飛べるようになれば6500円でガンガン飛べるようです。



ちなみに今回お世話になった「藤岡スカイダイビングクラブ」さんは
日本国内で常にスカイダイビングできるところの中では
1番お安く飛べるんですよ。


国内で常にスカイダイビングを体験できるのは
藤岡スカイダイビングクラブ」さんのある栃木と、
あとは埼玉と神戸の3か所だけ!
やっぱりヘリを常に出せたり、常に飛べたりする敷地を
確保するのがなかなか難しいのだとか。
藤岡スカイダイビングクラブ」さんで使ってるヘリは
どこぞの社長さんの持ち物で、使わないと機体が悪くなっちゃうということで
お借りして使わせていただいてるのだそうです。




スカイダイビングに向けて準備する


基本的に特にスカイダイビングするのに準備するものはありません。


ただ自分はメガネ人なので、メガネのまま飛べるか気になってて
そこについて聞いてみたら
「ゴーグルに収まるくらいのサイズのメガネなら大丈夫」とのこと。



でもなんとなく心配だったのでダイソー行って
スポーツするときにメガネがずれないようにするヤツ買ってきました。
そしてこれがとっても役に立ちました。
ちなみに買わなくても「藤岡スカイダイビングクラブ」さんで
無料で貸し出してくれます。





撮影についてですが、飛ぶ際に一緒に申し込みすると
プロのカメラマンの方にビデオや写真を撮ってもらえます。
自分では撮ることができないので、初めて飛ぶ人は
撮ってもらうことをオススメします。



もう、ほんと、撮ってもらってよかった!



では飛んでみましょう


当日の恰好はなんでもいいです、が。
靴は足にフィットした絶対脱げない運動靴で。
空を飛んでるときに落ちたりすると大変なので。



自分が着ていった服の上からダイバースーツ(つなぎ)を着用するので
今の時期ならTシャツにジーパンとかでOKです。
ダイバースーツは「藤岡スカイダイビングクラブ」さんで好きなのが選んで借りられます。
上空は地上よりマイナス20度以上になるのでなかなか寒いですが、
空気を肌で感じたい!という人は、ダイバースーツの下だけ着るというのもあり。
でも寒いです。寒いですよ。
自分は寒がりなので、つなぎを着て空に行きました。



栃木の藤岡駅から車で10分ほど走らせて
藤岡スカイダイビングクラブ」さんに到着。
っていうか外っていうか野原なんですが。



まず最初に飛ぶ際の講習や諸注意を受けて、
申込書を書いて、お金を払って待機。
そう、待機です。


一応予約はしていってはいるんですが
給油したり、天気の状態とかインストラクターさんの周り具合とかで
順番変わったり、ちょっと待ったりします。




そしてこの待ってる間にヘリのパイロット席に乗らせてもらいました!



何回か飛んだら給油しなきゃいけないので、
その間はヘリの近くに行って写真撮ったり乗ったりさせてくれます。
皆さんかなりフレンドリーで優しいです。



さて本当に飛びます


飛ぶのはもちろんヘリです。
ヘリで空に向かいます。


飛び立つところ。



ぇええええええええええ!!!!
急上昇すぎるやろおおおおおお!!!!


スカイダイビングよりヘリのがこわい。
あとヘリが降り立つところ。



まぁ降りる時はヘリじゃないのでいいんです。
というわけで、さぁ空に行きましょう。





5500mの内の大体半分くらいまではパラシュートなしの
自由落下になります。
空気抵抗モロにうけるので、あばばばばばばってかんじ。
でも不思議と落ちてるー!って感覚ではなくて
どっちかっていうと、超風の強い扇風機目の前にあるかんじ?
景色とか見てても全然こわさとかありません。
むしろ呼吸がしにくい方でいっぱいいっぱい!
あとメガネ飛ばないかドキドキ!(全然大丈夫でした)



そしてあっという間に半分すぎたころに
身体がグッと今までの速度よりゆるくなったと思ったら
パラシュートが開いてゆるゆるとした空中散歩に。
風が気持ちよくて眺めが最高でした。





地上に帰還


空中散歩を10分ほど楽しんでから
地上に無事帰還。
と同時に飛びました証書を授与されました。



ここから更に極めたい人はスカイダイビングスクールに通って
1人で飛べるように訓練していくらしいです。
スクールの費用は大体、車の運転免許取るくらいとのお話でした。
興味のある方はぜひ「藤岡スカイダイビングクラブ」さんへ!



飛んでみての感想


うっはぁ〜〜〜!!!!
ってかんじでした。もうスッキリ。


なんか終わった後、特に何したわけでもないのに
疲れまくって爆睡しました。


本当にあっという間の出来事だったので
今でも不思議なかんじですが、もらったビデオとか見ると
「あぁ、本当に飛んだんだなぁ」って思えました。



意外となんかサラッといけるものなので
皆さん気軽に行ってみてください。
また行きたいなぁ、空に。