読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

ケータイをポケモンにおきかえて言いやすくしてみる

前回の記事でこんなこと書きました。

イーブイがサンダースとエーフィになった的な。

そしたら自分の頭の中でいろいろ楽しいことになったので
書き留めておきます。



フューチャーフォンとかフィーチャーフォンだとか


俗にいう『ガラパゴスケータイ』、略してガラケーは
「ガラケーって差別じゃない?」的なツッコミを
前に見かけたので、なるべく使用するのはさけてます。


なので『フューチャーフォン』っていってるんですが、
あきらかに、ガラケーのがいいやすい。短いし。
『フューチャーフォン』略せないし。


しかもつい昨日くらいに知ったんだけど、
『フューチャーフォン』と『フィーチャーフォン』と
2つ言い方あるらしい。


フューチャーは将来性のある、フィーチャーは特徴的な、とか
そんなかんじの意味らしい。


まったくわけがわからないよ。


なので、もう全部ポケモンに置き換えればいいんじゃないかな!



電話=イーブイ


ケータイっていっても大元の大元は、そう、電話ですよね。
これがベースになっていろんな形に派生していんです。


となると電話は、シンプルイズベスト。
そのままでも十分かわいい手放せないあの子。
『イーブイ』の立ち居地になるわけです。



子機=ブースター


子機が大フィーバーした当時、
自分はまだ小学校中学年とかだったので
まだあんまり子機の何がそんなにいいのかわかってませんでした。

でもうちの母親が手放さなかったのはよーく覚えています。


もちろん電話あっての子機なんですが、
子機があることで、もっと身近に電話というツールを
感じられるようになったんじゃないかと思うのです。

子機の熱を感じながら、
心の熱までもヒートアップしていく、あの激動。


そんなみんなのハートをアツくさせた子機は
まさに『ブースター』なのではないかと。


PHS=シャワーズ


みんなの心をクールにときめかせ、
一躍時の人となったPHS。
いくら子機とはいえども、やはり家電は家電。
大海原に繰り出すことはできません。


共に外にでかけ、時に戦場の仲間として戦い、
時には疲れた心を潤すPHS。
そして今でも医療の現場の最前線で戦っている
『シャワーズ』は、これからもずっと
人と共にあり続けるのではないでしょうか。


フューチャーフォン=サンダース


約10年前に登場してから光の速さのごとく
進化を遂げたフューチャーフォン。
これまでのすべてを凌駕する怒涛の勢いで
するどく人々の心をシビれさせました。


1つの時代を築きあげ、また今後も有用性バツグンの
『サンダース』は、例え他の誰かがソコへ来たとしても
忘れ去られることはなく、常に誰かの隣で
バリバリと活躍していくことでしょう。


iPhone=エーフィ


まさかこの先にまだこんな道があったなんて!と
世界中を驚愕させたiPhone。
それはまるで魔法のようで、そして確実にリアルに
これまでの生活をガラリと変えてくれました。


これから先、またあっと驚かされるような
そんな技を繰り出してくるであろう『エーフィ』は
押しも押されぬ不動の人気を誇り、
気まぐれに新しい一面を見せてくれます。



Android=ブラッキー


真打は後からやってくる、といわんばかりに
今や携帯会社各社からあらゆる形態で発売され、
名を聞くようになったAndroid。
使う人により、そのスタイルは大きく変わります。


まだまだ未知数の力を秘めて
世の中をぐいぐいと動かしていく『ブラッキー』。
使いこなせるかは持つ人次第、
人の野望と希望を一心に背負って活躍します。


そんなわけで。


自分の好きなVerはもちろん銀です。銀サイコー!


これから会話に「ケータイケータイ」という言葉が
入り乱れてわからなくなったときには、
ぜひ使ってみてください。


うちのサンダースが1番なんだからっ