読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

様々な演出が加わったライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜を見て #ナルステ

5月19日から封切りとなったライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」〜暁の調べ〜を見てきた。ここからは主にステージの演出のネタバレなどを多く含む内容になることをふまえて読み進めてもらいたい。 2015年から始まったライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト…

5リットルのクラフトビールがタコ型宇宙人になって襲来!? イタリアのビアエリア「La Fontanella」へ

イタリア・ミラノへ旅行に行った時のこと。ミラノにはNaviglio(ナヴィリオ)という昔ながらの建物が多く残る下町の観光エリアがある。運河沿いに多くの飲食店が並び昼間は散歩の合間にカフェを、夜はワインとハムとチーズで酔いしれる。 とはいえイタリアも…

ルイ・ヴィトンやアウディ、ミラノの街中が展示ブースになる国際家具見本市「ミラノサローネ2017」へ #mdw2017

歳の近い妹と同じ部屋をあてがわれていた小学生の頃、1人暮らしに憧れてセンスのいいインテリアがならぶ雑誌を眺めてはいつかこんなものに囲まれて生活できたらいいなぁとおもった。そんなすてきなものたちが1年に1度、一同に会する場がある。それがミラノサ…

米国限定「EVERLANE」が期間限定4月16日まで日本にも配送

普段リュック派の自分は常日頃から道ゆく人の背負うリュックを観察しながら「落ち着いてる感があって仕事でも遊びにでも使えそうな、でもあんまり世の中に出回りすぎてないリュックないかな」などと考えている。 そんななか、ネットの海を気ままに泳いでいる…

トクサツガガガと宇宙戦隊キュウレンジャー第1話、ある通行人Aからの感想

トクサツガガガという漫画を最近よみはじめた。よみはじめた、というよりこないだ1巻を買ったとおもったら気づいたら電子書籍最新の8巻まで買っていた。 漫画の内容は、タイトルからほんのり感じ取れるように特撮を扱った内容で、特撮が好きな(特オタとも称…

たっぷり100種の果実酒&梅酒におまけでビール、アイスを堪能し放題の渋谷「SHUGAR MARKET」へ

渋谷、道玄坂とちょうど並列にあるマークシティ中央の出入り口の通りにある木製の階段をがんばって3階までのぼる。 ガラスの扉を開くと居心地のよいカフェのような雰囲気のお店がそこにある。 果実酒、梅酒が時間無制限で飲み放題といううたい文句の「SHUGAR…

祖母の延命治療に関する要望書を書いたときのこと

昨年、父方の祖母が亡くなった。享年96歳、老衰だった。 亡くなる数ヶ月前に、自分は病院の担当医師に「話がある」と呼び出され延命治療に関する要望書の記入を促された。 現時点で父もおらず、祖父も叔父も亡くなり、ほかに祖母の身近な人間といえば祖母の…

初めてKindleで読むことができた小説「カー・オブ・ザ・デッド」

本が好き、と自分がいう場合の本は主に小説と漫画のことだ。雑誌は必要があれば読む、自己啓発系は自分からは買わないが人から勧められ貸してもらった場合に礼儀として読む、エッセイは興味がない、過去の偉人の人生を紐解く伝記は好んで読み、技術書は読む…

海外旅行で飛行機にサクサク乗るにはオンラインチェックイン、自動化ゲート&NEXチケットレス予約を

海外へ行く際にもっとも利用する交通手段は飛行機だが、国際線は乗るまでにそれなりに色々な手続きを踏まなければならずけっこうな時間を費やすことになる。 とはいえ正直なかなか面倒くさいことが多いので、可能な限りは短縮できるところは短縮してスムーズ…

犬ゾリでカナダ・ホワイトホースの凍ったタキーニ川を走る

カナダのホワイトホースへオーロラ目指して旅行をすることになった際、是が非でもあわせて体験したいと希望をしたのが犬ゾリである。 以前にカナダに行っていた友人から「犬ゾリはたのしい」と聞き、いつかタイミングがあれば乗りたいと考えていた。 ツアー…

うにの海といくらの海、どちらの海におぼれたい?旬ものを食べに新橋 寿司「さいしょ」へ

JR山手線の新橋と有楽町のちょうど真ん中あたりの雑居ビルに海がある、といってもなんのことやらさっぱりわからないだろう。以前大井町にあり、銀座で最近2回目の引っ越しをした寿司「さいしょ」がそこにある。 なんだかんだで都合何度かおじゃましているこ…

「君の名は。」を見てよさがわからないといわれたことへの返事

世間の盛り上がりをときたまメディアからひろいつつ、予告編をみて抱いていた期待を胸に見るタイミングをみはからっていた矢先、「どこがいいのかわからなかった」という感想をきいた。 アニメを見るとか意識せずに見る程度にアニメという文化が日常なのでそ…

タイ王族御用達のリゾート・ホアヒンにある洞窟のその最奥に建つ、クーハーカルハット宮殿へ

タイのリゾート地といえば思い浮かぶのはプーケットだが、観光地としてはあまり知られていない場所にホアヒンがある。バンコクから車で3時間ほど南西に進んだ海沿いの街だ。 なんでもホアヒンという場所はタイ王族のための保養所のある場所、とのことで静か…

北海道グルメを都内であますとこなく堪能できる新橋・銭函バーベキューへ

北海道、という地名をきいただけでたいていの日本人ならその土地で食べられるおいしいいくつかのものを思い浮かべられるだろう。しかし北海道に住んでもいない限りそれらのおいしいものを食べ尽くすということは難しい。それくらいに北海道は広いしまたおい…

6月にクロスバイクを買って9月にツールド東北2016で60kmコースを完走した話

2016年の3月に人に誘われてロードバイクに乗った。もともと自転車に乗ることが好きだったがスポーツサイクリングはこれが初めてだった。乗り慣れた人たちとグループになりレンタルバイクで三浦半島をぐるりというほど軽快にでもないが、ゆったり走り、自転車…

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」再炎の国内千穐楽をみて #ナルステ

想いがあふれていて感想として書き起こそうと画面を開いたけど、何から書き始めたらいいのかわからない。 去年、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」をみて世の中にはこんなに面白くてすごいものがあるんだということを知ったし、何よりもそれが大好きな…

生もつ焼きを肩肘はらずに座敷で楽しめる新丸子「大喜利」へ

以前にちらりと地元である武蔵小杉についての話を書いたことがある。武蔵小杉はいまをときめく再開発地帯。都心近くに住む人ならふんわりと話を聞いたことがあるのではなかろうか。 そんな武蔵小杉の隣駅、といいつつ実は歩いて7分のところに新丸子という駅…

居心地が最高にいい新宿伊勢丹屋上の本格ヨーロピアンビアガーデン「SKY PARADISE BEER GARDEN」へ

夏といえばいわずもがなビールを連想してしまう程度にはビールが好きだが(それは夏に限った話ではないのではという異論は認める)、とくれば、夏の風物詩としてビアガーデンを外すことはできない。 まだ梅雨もはいったばかりで本格的なビアシーズンとしては…

特製ダレとくさみのないやわらかラム焼肉が楽しめる水道橋「羊肉酒場 悟大」へ

おいしいもの好きの仲間に誘われ向かったのは、水道橋に最近オープンした「羊肉酒場 悟大」。名前のとおりラム肉が食べられる。 外観は一見昔からある老舗のようなおもむきで、中にはいっても板と瓶ビール箱でつくられた机があるようなこれまた一見素朴な体…

愛称だったらどう呼んでもいいのかな?

おいしいご飯がだいすきだ。 おいしいものを食べさせてくれるお店の人には感謝しかない。 これまでにこのブログでもおいしかったお店をいくつか紹介してきた。 ありがたいことに行きたいとおもってもらえることもあるようで、みんながおいしい想いができるな…

10分間のスピードスパイアクション体験!新宿「inSPYre(インスパイヤ)」に先行潜入

2月のある日、新宿歌舞伎町のとあるビルの前で立ち止まる。 ビルの向かい側はTOHOシネマ新宿。歌舞伎町という名前からおぼろげに抱いていた不安感は、そのこぎれいな映画館ができたと共に自分の中からなくなった。1Fのゲームセンターのわきにあるエレベータ…

下北沢の片隅でフランス帰りのシェフが作る肉料理を食べに「肉屋カーニバル」へ

渋谷から吉祥寺までをつなぐおしゃれな駅の多い井の頭線。 その中でもやはりシャレた場所としてはずせないのはシモキタとして親しまれている下北沢だろう。 今回はそのシャレた場所でシャレた肉料理を楽しめる場所があると招待されてでかけてきた。 下北沢駅…

30歳になった日、20才の自分からの手紙を読んだ

30歳を迎えたのは日本と時差が17時間あるロサンゼルスだったので日本時間とロサンゼルス時間とのどちらで日付を考えればいいのか悩ましくはあったが、どちらの場所でも誕生日になった数時間の間に20才の頃にいまの自分へ向けた手紙をひらいた。

12月14日オープンの川崎ラゾーナEggs 'n Thingsでハワイアン料理をまったり堪能

川崎市民であれば何はなくともとりあえず1度は行ったことがあるであろう川崎ラゾーナ。JR川崎駅直結でフード、ファッション、サブカル、電化製品、映画館とわりかしなんでもほどよく揃う大型ショッピング施設だ。そんな自分も施設ができた当初から通い詰めて…

「なるはや」なんて期日は存在しない

制作と呼ばれる仕事にたずさわるなかで、未だ消え去らない悪しき因習をそろそろ撲滅しておきたい。 「なるはや」という言葉をこれまで聞いたことがない、知らなかった、という人に教えるのはとても忍びない。できれば知らないままの人生を過ごしてほしかった…

大容量Wi-Fiレンタルでヨーロッパ周遊でもサクサクインターネット

海外に1人で行っても大丈夫だと思えるようになったことの一因に、スマートフォンという存在は大きい。 スマホさえあれば、分からない言葉もすぐ調べられるし、地図アプリさえあればどこにでも行けるし、交通手段を確保するのもラクにできる。 しかし当たり前…

6万円のスーツケースを6300円でレンタルして1週間の海外旅行へ

約1週間程、ヨーロッパ3カ国を旅することになった。 それなりに旅にはいくのでスーツケース自体もってはいるものの、以前に1週間の海外旅行にでかけたとき手持ちのスーツケースでは小さいと感じていた。3泊4日程度であれば足りるが、それより日付が多いと微…

野生あなぐま肉のすき焼きを食べに渋谷「むじなや」へ

あなぐま、といわれてもイマイチ顔がピンとこない。たぬきやらハクビシン、頑張ってアライグマがいいところだ。 そんな「あなぐまのすき焼きを食べに行こう」と誘われても何を言われているかよくわからない。 しかし食べに行こう、といわれてNOという答えは…

はずさない豚肉料理があらゆる味でたのしめる小岩「豚小屋」へ

豚肉は美容にも健康にもいいとかで実家の冬の定番料理は豚しゃぶだった。 それはさておき豚肉はおいしい。子供の頃なんかはやっぱり牛肉のステーキがどんとある様子にときめいたものだったが、今となっては豚肉のおいしさをさておいて牛肉だけ食べるだなんて…

昼下がりに日本酒飲み放題と絶品和食を堪能しに「新橋・酛」へ

小さい頃から好き嫌いがはげしかったが、そのなかでも和食は食べられるものが多かった。社会人になったいま、色々なものが食べられるようにはなったが、それでも1番好きな料理のカテゴリは和食だし、そしてそれに合う日本酒も恋してやまない。 日本酒を飲む…

秋葉原ASOBIBAの『女子サバ』でサバゲデビューしてきた(動画あり)

サバゲー。サバイバルゲーム。 これを楽しみとしている人が自分の周りにはかなり多くいる。 何度か「やってみなよ」と声をかけられてはいたものの、まぁチキンなので行かなかった。 いやだって撃たれるんですよ。なんでそんなとこ行かないといけないんだ、こ…

UPQのスポーツカメラ「Q-camera ACX1」が届いたので開けてみる

前々から実はずっとアクションカメラがほしかった。 旅行いくにも遊ぶにも、いまここにアクションカメラがあったら絶対たのしい絵が撮れるのに!と考えていた。 島に行って海に潜るのだって、そういえばこないだとった船舶免許2級で船遊びするのだって、旅行…

夏は肉でスタミナを!肉と肉がしのぎをけずる吉祥寺「肉山」へ

今年は特に暑さが厳しいとあちらこちらで暑さにうめく声があがっている。 そんな夏の暑さに負けないために、スタミナをつけるのは大事なことだ。 7月のおわり、日射しがザンザンとつきさすように降り注ぐ夏の真昼に吉祥寺にある「肉山」へと足を運んだ。 こ…

今年もぶっかけそうめんの季節がやってまいりました。

ああ、今年もとうとうやってきた。私が恋してやまないぶっかけそうめんの季節が。ファミマのぶっかけ素麺が復活して喜んだ話 - akuyan to ぶっかけそうめんをまだ知らないというとてももったいないあなたに説明すると、都内近郊に住む者であれば必ずやお世話…

目白で無料ホタル鑑賞。ホテル椿山荘でアフタヌーンティーと初夏をたのしむ

ホテルでアフタヌーンティーをゆるりと過ごすのが好きだ。 目白にあるホテル椿山荘にも、アフタヌーンティーを楽しみにこれまでに何度か足を運んでいる。 数年前のちょうど今頃、アフタヌーンティーを味わいにきたら偶然にも「ほたるの夕べ」なるものが行わ…

6月病や夏冷え対策に、しょうがスープしゃぶしゃぶ味わう生姜料理専門店「しょうがの香り。」へ

とある6月の夜。人生のなかで初めてもつ1つの想いを胸に、とある店に向かっていた。 その初めての想いとは「しょうがを食べるぞ!」という意気込みである。人生のなかでしょうがを意識して食べるだなんてことはしたことがない自分。あってもせいぜい「しょう…

シンガポールでNARUTOライブ・スペクタクルをみて感動は国を超えると実感した

日本での千秋楽ライブ・ビューイングを見終えて、いてもたってもいられなくなりシンガポール公演を見に行くことにしたのが4月末のこと。 シンガポールの舞台はユニバーサル・スタジオ・シンガポールがあることでも有名な観光地、セントーサ島だ。 その中のリ…

濃厚ウニで比較するF-04G(撮影店舗:新丸子「海らく」)

スマホで1番重要な機能といえばカメラをおいて他にない。 そういえば電話やメールもできるみたいだが、まぁそんなのは誤差みたいなものだ。 写真の出来でスマホの価値が決まるといっても過言ではない。 というわけでF-04Gのカメラ性能を試すために、新丸子の…

スマホ世界初搭載の虹彩認証をF-04Gで使ってみる

なんでも機能のせのせでモリモリなハイスペックフィーバーな富士通のARROWS端末。 今回のF-04Gは「これまで評判よかったもの全部のせましたー!」というユーザーの皆々様の声にお答えしただけあって、これ使い切れるのか…と不安になるくらいですがなんといっ…

今回どうしてもF-04Gの色がホワイトでないとだめだった理由

ただいま末席をにごしているケータイ会議、というブロガーがF-04G端末をレビューしまくるというというこの企画。ARROWS @ ケータイ会議ARROWS NX F-04G(矢)! 本来であればF-04Gの押しカラーであるアイリスグリーンを選びたいところだ。が。 今回自分はどう…

F-04Gを使うのに最初に設定したアレコレ

おかげさまでAndroidも何台か使って慣れてきたのもあり、F-04Gを手にして最初に設定したアレコレをメモしていく。 ホームアプリを変える このホームアプリという存在はiPhoneを使っている人にしてみたら謎だらけだし、Androidしか使ったことがない人でも知ら…

ARROWS NX F-04Gホワイトの外観をじっくり見てみる

決してわざとでもないし大切にしていないわけでもないのだが電子機器の扱いが荒いとよくダメだしされる自分。 docomo夏モデルで発売されたばかりのARROWS NX F-04Gを使い始めたところで、自分の扱いによってボロボロになってしまう前に外観をじっくり見てみ…

虹彩認証搭載のARROWS NX F-04Gを今日から使い始めます。

5月も終わりかけ、日射しに夏を感じるようになった今日この頃。 そんななか、各社から夏モデルの携帯が発表された。 その内の1つが富士通発のARROWS NX F-04Gだ。富士通製 ARROWS NX F-04G 今回もまた以前から何度かお世話になっている「ケータイ会議」の企…

国内千秋楽「NARUTOライブ・ビューイング」を見てもっとNARUTOが好きになった

感動。本当にまさしく感動以外のなにものでもなかった。ライブ・ビューイング・ジャパン : ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 ライブ・ビューイング これまでに2度、東京公演でNARUTOライブ・スペクタクルを見に行き、なんと国内千秋楽である東京凱旋…

濃厚フォアグラに黄身がとろけるうずらの玉子が絶品のジャンボ串焼き鳥「鳥しん」へ

五反田の西口から出て目黒方面に5分ほど歩くと、サラリーマン御用達の飲み屋が軒を連ねる。そんな中にある焼き鳥店の鳥しんに行って来た。お店があいてすぐのターンはすべて予約で席がうまっていた。 案内された席は炭火の目の前。ガラス越しに焼いていく様…

海と森にかこまれた廃校を舞台に人のいなくなった町が動き出していた

4月半ば、宮城県石巻市にある雄勝町というところに自分たちは来ていた。 数ヶ月前からサポーターとして関わることになった複合体験施設「モリウミアス」という建設中の施設をみに行くのが今回の旅の目的である。東京から新幹線で1時間半ほどかけて仙台駅へ。…

駅から5分の舞岡ふるさと村 虹の家で1kg500円のたけのこ狩りへ

たけのこを狩りたい。たけのこが狩りたい。そうおもって約1年。 去年思い立った時期がちょうどたけのこ狩りの終わりかけのゴールデンウィーク手前で、そこからどこかに行こうと思っても、どこもかしこも予約がいっぱいでなくなくあきらめた。 万全を期して今…

気軽に海や川を楽しめる船のシェアサービスSea-Style体験に

ここ最近、島へでかけたりとなんだかんだと船に乗る機会が増えてきた。大型船で海を渡るのも気分がいいし、小型船で波をきるのも面白い。もっと船で気軽に遊べたらいいなと思うようになった。そんな時、YAMAHAマリン部門が提供している船のシェアサービス「S…

ランプ肉やカイノミステーキがお手頃に!神田にオープンした肉バルRUMP CAPへ

神田駅沿いの線路下に4月15日からオープンする「神田の肉バル RUMP CAP」。 そのプレオープンにお招きいただき一足お先に肉と肉と肉まみれになってきた。神田駅の改札を出てぐるりとまわりこむような形で線路沿いを1分も歩かない内に見えてきたのが今回おじ…

伊豆諸島・神津島でさくっとぐるっと観光スポットめぐり

伊豆諸島のはしっこのほうの神津島は、大型客船に乗って帰る場合に出航時間が10時半となかなかはやい。ジェット船であれば13時くらいまでの余裕があるが、最終日が帰るだけでつぶれてしまうというのもまぁもったいない話。そんな短い時間の間でもさくっと見…