akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

PR: お茶とお菓子でのんびり観戦。女性向けサービス「UMAJO SPOT」のある福島競馬場でおとなの遊び

7月上旬、小雨のぱらつく福島駅に到着。
駅前には福島競馬のぼり旗があちこちではためいていた。

そう、今回の目的は競馬である。競馬というと昔の貴族が日傘とグラスを持って眺めているか、はたまたゴールした馬を背景にチケットがめいっぱい舞う様子とか、そういう偏った知識しかなかったわけなのだが今回、福島競馬場に「UMAJO」なるサービスができたということで招待いただいた。

umajo.jra.jp

続きを読む

2017年関東で1番うまい豆腐はこれだ!全国豆腐品評会・関東地区予選結果発表

2015年から今年で第3回目となる全国豆腐品評会。全国豆腐連合会(通称・全豆連)その地区予選が6月25日の中国・四国を皮切りに全国で開催されている。
7月2日、都内某所のホテルで関東地区予選が開催されることになり、何を隠そう豆腐マイスターである自分も予選の手伝いに行ってきた。


豆腐品評会は、木綿・絹こし・寄せ・充填の4つの部門にわかれ、各地のお豆腐屋さんが自分の店の自信作をエントリーする。審査項目は味・見た目・香り・食感の4項目で10点満点でチェックをおこない、その点の多かった順に金賞・銀賞・銅賞が選ばれる。
審査は平等を期すため、審査員が入る前に各地から届いたお豆腐をチェックし、パッケージからきれいにだして皿にならべられる。すべて名前はふせられた状態だ。


豆腐関連はもちろん、料理や食材などに関するさまざまな専門家計20名が審査員として選ばれ、審査ボードを手に1つ1つスプーンで手元の試食皿にすくって審査をしていく。


そうして関東近郊から全134個59社からもの豆腐がエントリーされ、各部門で全国大会へ進出を決めたのは.......

続きを読む

100円ロボット部に参加してサーボモーターでなんちゃってロボ作り

時代はやれAIだ音声認識だと、みんなが憧れてやまないロボットに欠かせないあれやこれやの機能の話にいとまがないがさて実際にロボットを作ったことのある人はどのくらいいるだろうか。
自分はロボットというとアトムとかドラえもんよりもママレード・ボーイに出てくるボイスメッセンジャーのようなものを思い浮かべてしまうのだが、まぁなんにせよロボットを自分の手でつくったこともなかったしつくろうとおもったこともなかった。しかしあることから「100円ロボット部」なる活動があることを知り、おもしろそうなので潜入を試みた。

Untitled

続きを読む

シンガポール1人旅、飲み放題付きタイガービール工場見学へ

かれこれ3度目となるシンガポールの旅の目的はとあるステージを見ることだったが、観光のために1日あけていたので中心部から少し離れた場所にあるタイガービール工場に見学へいくことにした。


日本ではあまり馴染みのないタイガービールだが、シンガポールを中心に東南アジアではよく飲まれる代表的なビールの1つだ。暑いエリアのビールらしくスッキリと飲みやすいが、他の東南アジアで飲まれるビールにくらべて味のつよい印象だ。
そんなタイガービールの工場では平日13時〜17時の間、1時間ごとに工場見学ツアーがひらかれる。申し込みは公式サイトの「TOUR BOOKING」からスケジュールをみて空いている好きな時間を選択するだけだ。

tigerbrewerytour.com.sg

続きを読む

羽田国際空港「Verre Tokyo」で出発前に飛行機を眺めながらビールを飲む

乗り物にのっている時間をどう過ごすかは人の好みの分かれるところだが、自分は全力で睡眠に費やしたい派だ。現地についておもいきり動くために如何ともしがたい移動時間中に寝ておこうというハラだ。
ということもあり、飛行機に乗る前には必ずアルコールを摂取するように努めている。ただ飲みたいという事実も否定はしない。



気兼ねなく飲むにはあらゆる手続きを終え、あとは乗るのを待つばかりといった状態の出国審査後のゲート付近がいい。そんなうってつけの場所の1つが109~111番ゲート付近にあるBEER CLUB「Verre Tokyo」だ。
一見するとものすごく目立たない店なのだが、窓際に面しており飛び立つ飛行機をのんびり眺められるカウンターが長く続いているので空港ならではの風景を存分に楽しむことができる。

続きを読む

正義のヒーロー立ち入り禁止!怪獣酒場 新橋蒸溜所へ

普段、追い回されやられてばかりの怪獣たちの憩いの場が新橋にできたとのこと。特撮好きな仲間といっしょに仕事帰りにいくことに。


JR新橋駅の汐留改札を出て目の前の地下街Wingを少しすすむと柱に看板がでている。矢印にしたがって店と店の隙間を進むと怪獣酒場の入り口だ。
怪獣酒場の1号店となる川崎も店ができたばかりの頃、2時間待ちは当たり前......なんてぐらいに店の外に行列ができていたものだが、それを学習してか新橋店では番号札を発行し、順番待ちの組みが5組になると電話をかけてくれるというシステムが導入されていた。さらにこの順番待ちがいま何組くらいいるのかは怪獣酒場のWebサイトから確認できる。なんともよいシステムだ。

Untitled


続きを読む

御徒町で遅めの昼ごはん。てんぷら屋「天久」でサービス天丼1,000円

お店のランチタイムといえば11:30〜13:00くらいの営業が一般的だろう。だが自分の場合はどうもその時間内に昼ごはんを食べようとおもうことも、食べようとおもっていても食べられることも少ない。だいたいが14時、15時くらいになる。そうなるとほとんどのお店が夜の営業に向けて中休みに入っておりどこにも食べに行くことができず仕事先でさみしいきもちになる。


そんなときわりと長めのランチタイムをとっている各地のお店をとても重宝する。御徒町にあるてんぷら屋「天久」もそのひとつだ。

続きを読む

川崎フロンターレ市制記念試合に市民1,000組2,000名を御招待!にwebフォームがないことによる効果

小学生の頃、7月1日はディズニーランドに行く日だった。東京都民にとっての10月1日がそれであるように、川崎市民にとっての7月1日は川崎市制記念日である。
というわけでどうやら7月に市制記念の試合が行われ、その試合に市民2000名を招待する企画が発表された。


川崎市:川崎フロンターレ 市制記念試合に市民1,000組2,000名を御招待します!


さてこのページをみて自分が一番最初におもったことは「webフォームがない」ということだ。自分自身がwebの仕事に携わってることもあるだろうが、それ以上にスマートフォンでこんなあふれた世の中でオンラインでの申し込みがないなんて、とちょっと裏切られたきもちになる。


しかし落ち着いて考えてみると川崎市としてはこれはこれでいいのかもしれないとも思う。
パソコンやスマートフォンを使いにくいユーザーをも対象にしているからと、そういったアクセシビリティの話では今回なく、もっと即物的なモノとヒトのはなしでだ。

続きを読む

正解するカド「異方」に対する徭さんへの違和感

先日Amazonビデオで一気に「正解するカド」10話まで見たところでの感想。



このアニメの前知識をもたず、見てびっくりしたのが3Dアニメだったことだ。自分が一番最初に目にした3Dアニメは涼宮ハルヒのアプリだったとおもう。そのあとサモンナイト5で触れ3Dアニメのクオリティ向上とその素晴らしさに感動したものだったが、とうとうテレビアニメで見ることになるとは。
3Dアニメの独特の妙に整った顔、という個性はありつつそんなに違和感なくみることができた。若干無表情という表情をつくりきれていないところや体の3D感はいなめない点はあるが、取り組みとしてはもろもろ可能性を感じるところだ。

続きを読む

電車でよくやらかす乗り降り失敗のケースといくつかの解決案と今後の模索

日本の都心部に住み都心部に働きにでるためほぼ毎日のように電車に乗る。はじめて電車に乗ったのは記憶にもない小さい頃で、はじめて1人で乗ったのは小学校高学年くらいのことだったろうか、もう覚えていない。まぁようするに20年ほど1人で電車にのってのって乗り続けているわけだがしかし自分はどうにも電車で同じような過ちを繰り返してしまう。
ここでは自分の失敗をみつめ、今後どのようにするとその失敗を繰り返さずに生きていけるのかについて考えてみたい。


続きを読む