akuyan to

イベント/旅行/デザイン/おいしいもの...

塩づくり・塩の歴史・塩工場見学、兵庫県赤穂で塩とにがりの旅

日本歴史のなかで「赤穂浪士」という言葉を聞いたことがある人は多いだろう。その「赤穂」とは現在の兵庫県赤穂市にあたる海辺の街だ。この赤穂、実は塩作りの場所としても深い歴史がある。今回、赤穂にある「塩の国」と、天塩で知られる「株式会社赤穂化成」の塩工場見学にでかけてきた。


塩とにがりを求めて


そもそも今回なぜ塩めぐりの旅に出かけたかといえば、塩といえばにがりが切っても切り離せないものであるからだ。豆腐マイスターになってから、豆腐を作るのに使用する凝固剤にはにがり以外にも色々な種類があると知ったが、実はにがりの中にもかなり多くの種類がある。
なんとなく、塩を作る際に一緒にできるものがにがりである、ということはふんわりとした知識でしってはいたものの、どういう過程で作られてなぜにがりに差ができているのかをきちんと学びたいとおもった。

続きを読む

醸され料理が堪能できる錦糸町・釀造科 oryzae(オリゼー)へ

「もやしもん」という漫画が好きで、一時期は部屋に漫画に登場する菌ぬいぐるみが家にあふれていたこともある。
その漫画では「A.オリゼー」という麹菌が登場し、味噌屋の孫である主人公と共に醸しライフを送るのだが、その菌の名がついた「釀造科 oryzae(オリゼー)」なる居酒屋を錦糸町で発見し、ずっと気になっていた。

f:id:akuyan:20190330201821j:plain

そして偶然にも、その居酒屋に豆腐をずっと卸している豆腐屋さんが知り合いだったため一緒に店に飲みに行った。

続きを読む

都内の川をレンタルボートで運転しながらお花見クルージング

4月1日に発表された、次の元号「令和」は万葉集の『初春の令月にして 気淑く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す』から引用したということで、花咲くいまの時期にとってもしっくり情景が思い浮かぶ。
あいにくと梅の時期は過ぎてしまったが、桜を見にレンタルボートを予約して都内の川にお花見に出かけた。



勝どきマリーナから乗船


今回は自分を含め船舶免許を持った友人たち6人と一緒に、自分たちで運転するレンタルボートを予約した。免許を持っていない人でも、桜を見るための遊覧船がこの時期は多くでているらしいが、自分たちで運転すればゆっくりと好きなだけ好きな場所を見ることができる。


続きを読む

予約販売のみ、都立大学・パン工場 寛の食パンがもちふわ

ふらりとでかけた武蔵小杉駅前の一角で、パンフェスが開催されていた。
東横線沿線の人気パン屋が2日間の間で15件集まって、とっておきのパンたちを販売するというパン好きにはときめくイベントだ。


あまり前情報もなく、パン屋に詳しくもないのでふらふらとおいしそうなパンを見繕っていたところで、1ヶ所伸び続ける行列を発見。
どうやら13時から都立大学にある「パン工場 寛」が90斤限定で販売されるということでそれを待っているらしい。そんなに並ぶってことはおいしいってことかなぁとミーハー心で並んでみる。


都立大学からできたてのパンをかかえて自転車でやってきたオーナーさんが、1人1人にパンを渡していく。

続きを読む

圧倒的にくちの中に香りひろがる「香おぼろ」- 全国のユニークな豆腐食べ比べ

先日豆腐マイスター有志で「TOFU Lover's Selection」というイベントが開催された。イベントの内容は、豆腐マイスターによる豆腐作り選手権と、全国から集まってきた豆腐の食べ比べだ。


そこで食べた豆腐で個人的に気になったものを紹介したい。

▼目次

  • 宮城県 兎豆屋「香おぼろ」
  • 東京都 小野田商店「利休豆腐」
  • 静岡県 金沢豆腐店「生もめん」
  • 宮城県 ささはら豆腐店「極上ゆずきぬ」
  • 熊本県 八天狗の里「八天狗シフォン」

続きを読む

キャッシュレス割勘はURLでサクッと渡せるAmazonギフト券が最強

タイトルでほぼ言いたいことは書ききってしまったが、キャッシュレス割勘をしたいときにはURLで渡せるEメールタイプのAmazonギフト券がいまのところ最強だとおもう。
なぜ最強なのかといえば「手軽さ」の一言に尽きるが、もう少しどこが具体的に手軽と感じているか、また今後ほかのキャッシュレス決済サービスにも期待したいことなどぽつぽつと書いていきたい。

▼目次

  • そもそもキャッシュレス割勘はいつ使うのか?
  • EメールタイプのAmazonギフト券が最強たる理由
    • 理由1: 相手がAmazonをいま使っていなくてもいい
    • 理由2: 金額を1円単位で指定できる
    • 理由3: 送る方法を選べる
    • 理由4: 受け取った旨を連絡できる
  • Amazonギフト券をURLで送る方法
    • 好きなデザインを選ぶ
    • 金額を入力する
    • 配送方法を選ぶ
  • 他のキャッシュレス決済サービスもギフト券機能がほしい
    • 関連リンク

続きを読む

日本酒に、こだわりカカオのチョコが合う - #dancyu × #Minimal のコラボイベントレポート

昔に比べるとめっきり甘いものを食べたいきもちも落ち着いてきたこの頃、ははぁこれが大人の階段というやつかとしみじみ感じていたが、最近になって気になったチョコレートのお店がある。「Minimal -Bean to Bar Chocolate-」だ。



きっかけはTwitterで見かけ「なんかよさそうなチョコがあるっぽいな」くらいの感覚でWebをのぞいてみたら、さまざまな風味の洒落た板チョコがあることがわかり、その見た目のよさにまずときめいた。板チョコの他にもおいしそうなチョコなお菓子が通販で色々取り扱いされており、めさくさ目移りしてしまう。


うん、これは店に行って確かめないとだめだ。

dancyuコラボの日本酒ペアリングナイトに参加

このMinimalは、2014年にオープンして富ヶ谷、銀座、白金高輪、東池袋の4ヶ所に店舗を構えている。その各所で定期的に試食系イベントが開催されており、その内容がどれもこれも楽しそうなのでイベント参加ついでにチョコを楽しみに行きたいなと狙っていた。


そんな折、あの食メディア大御所dancyuとMinimalがコラボするイベントがあるのを見つけてしまった。「クラフトチョコレートとd酒」ペアリングナイト!これはもう行くしかない。

続きを読む

日本一のお豆腐を食べに宮古島へ、しまどうふ巡りの旅

神奈川県住まいの浅薄な社会人であるところの自分からすると、沖縄といえば青い海、白い砂浜、ソーキそばにゴーヤチャンプルー。そしてなんといってもしまどうふである。


しまどうふというと、木綿よりもっとしっかりめのお豆腐を思い浮かべる人が多いが実はそれはチャンプルー料理に寄せて作られたしまどうふの1種であって、しまどうふにはもっといろんな種類がある。今回のこの記事では島で作られている豆腐をまるっとしまどうふと定義して進めていきたい。

▼目次

  • 日本一になったお豆腐を食べたい
  • 宮古島でしまどうふ巡り
  • 日本一のお豆腐との対面
  • しまどうふ食べ歩き&お土産購入
    • 皆愛屋
    • みやことうふ
    • 石嶺とうふ店
    • 株式会社しまとうふ
  • 宮古島でしまどうふを満喫するには

日本一になったお豆腐を食べたい

2018年10月、豆腐業界に激震が走った。それは北海道で行われた第4回全国豆腐品評会の最優秀賞に選ばれたのが、会場からなんだったら1番遠いんではなかろうかという沖縄県の宮古島にある「まごとうふ」さんが作るおぼろ豆腐だったということだ。



自分はその会にはもろもろ諸用があり参加できなかったのだが、参加し現地で食べた人たちから話を聞くに「これはたしかに最優秀をとるのもうなずける」という味であったということで、もう俄然食べたくなるのも無理からぬ話である。


そもそも沖縄はやはりしまどうふ文化な土地柄なので、まさか沖縄でおぼろ豆腐を作っているというのも驚きだし、さらにそれが最優秀賞をかっさらってしまうくらいにハイクオリティだというのも「すげぇ」しか言いようがない。


ああ、食べたいな。
そうだ、宮古島いこう。

続きを読む

節分に立春大吉豆腐を食べて邪気払い - そんな日に食べたい3kgのざる豆腐、豆乳シュークリーム

豆腐マイスターになってからというもの、いかに周りの人に豆腐を食べてもらうかばかりを考えている。そんな中で今回は節分時期に食べると邪気を払って幸せを呼び込めてしまうという「立春大吉豆腐」を紹介したい。


節分といえば、大豆を年の数食べて健康を願い、恵方巻きを丸かじりして幸運を呼び込むのが近年よく見かける食習慣だ。我が家は大豆だと後片付けが大変なのでピーナッツを殻ごと投げてあとで回収して食べてみたりとか、恵方巻きのきもちで手巻き寿司を家で楽しんでみたりとか、「験かつぎができた」とおもえることが大事派なのでわりとゆるく行事を楽しんでいる。


そんな2月の定番の食卓に1品、豆腐料理を加えてさらに験をかついでみてほしい。

邪気を払って幸せを呼び込む立春大吉豆腐

白い豆腐は、昔から「邪気を払って身を清め、そこに幸せを呼び込むもの」として食べられることが多かったそうだ。またその中でも2月3日節分、2月4日立春の2日間に食べる豆腐のことを「立春大吉豆腐」という。この名前自体は比較的近年うまれたもののようだが、節分に豆腐を食べる習慣そのものは出雲大社相模分祠・分祠長がある文献で発見したということでそれなりに歴史としてあるようだ。

www.food-journal.co.jp

続きを読む

憧れのストーンヘッジ、元祖ローマ風呂、ウィンザー城を1日ぐるっとバスツアー - PR -

海外旅行へいくと、せっかくなのであちらこちらに行きたい!とついつい旅行メディアや観光雑誌を読みあさってしまうが、いかんせんいく先々の国はそう狭くもなく行きたい場所は点在しておりなかなか周りきれるものではない。友達や家族とでかけるなら車をチャーターするのもありかもしれないが、ふらりとのんびりでかける1人旅では割高になってしまう。そんなときに便利なのが現地開催のバスツアーだ。


今回、イギリスでどうしても見たいものがあった。それはストーンヘッジだ。
なんで見たいのかと言われたらそれはもう、幼い頃からなにかにつけこうファンタジックなシーンにストーンヘッジを見せられ刷り込まれてきた自分にとっては、ファンタジー名所といっても過言ではない。イギリスに来たのにそれを見ずして帰ることなどできない。
ついでに他の名所も見られるツアーがいいなとKKdayで日本語対応していた「ウィンザー城・ローマンバス・ストーンヘンジめぐり1日ツアー」を日本で事前に予約して、イギリスへと旅だった。

ツアー当日。ヴィクトリア駅近くのツアー店舗に集合

朝8時にヴィクトリア駅近くのゴールデンツアーズ店舗に集合ということで、宿から電車を使って移動。平日なこともあってか駅は通勤する人でそれなりに混雑していた。リュック通勤の人が多いなぁという印象。

続きを読む